深田恭子の写真集が大好評!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
女優・深田恭子が先月23日に集英社から2冊同時に発売した写真集『AKUA』と『This is Me』が好調なセールスを記録し、写真集の売上ランキングの上位を賑わせているという。
今回発売された2冊の写真集は、男性誌と女性誌がそれぞれの“目線”で責任編集したもので男性誌「プレイボーイ」が手掛けた『AKUA』では、水着からこぼれる日焼けした小麦色の肌を露わにした深田のアクティブな健康美を披露。
一方、女性メイク誌「MAQUIA」が手掛けた『This is Me』は“女の子が見たいセクシー”をテーマに、同性も憧れる美しい肌やボディーラインがより強調されている。

「インターネットの普及や若者の紙離れなどもあり、出版不況が続く昨今。昔に比べると書籍を売るのは一苦労で、とくに性別や年齢層をあまり絞らず、マクロな読者層をターゲットにしていた総合雑誌や書籍の売上は苦戦傾向にあります。そんな中、“タレント本”はコアなファン層をメインターゲットにしたジャンルではありますが、ファンの中でもさらに男性、女性とターゲット層を性別で分ける戦略は理に適っていると言えるでしょう」

 一昔前に比べて出版業界を取り巻く環境は厳しく、単純に総体的に“良いモノ”を作るだけでなく、マーケティングの部分もより重要になってきているようだ。
hukada
 芸能評論家の三杉武氏もこう語る。

 「折からの不景気もあり、昔と違って“モノが動かない”と言われる時代。タレント本や写真集といった書籍に限らず、タレント関連グッズ全般については『好きなタレント、憧れの女優のだから……』という理由だけで売れるほど、ファンの財布のひもはユルくありません。いかにコアなファンに響くモノを届けるかというのが至上命題であり、男性ファン、女性ファンそれぞれの目線で楽しめるように内容を分けるというのは有効でしょう。今回の写真集で言えば、2冊に分けることで制作費や手間はかさむでしょうけど、編集部が異なるといっても同じ版元(=出版社)なら、効率良く“すみ分け”もできるでしょうしね」

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

ざわちんの板野友美以上のサイボーグっぷりが止まらない!

板野友美のものまねメイクですっかり有名になったざわちんだが、ブログに投稿している写真の肌があまり

記事を読む

美容整形で訪韓中国人が急増

美容整形手術を受けるために韓国を訪れる中国人の数が5年で20倍に急増しているという。中国人の患者から

記事を読む

永井大と中越典子が挙式!花嫁姿に感激!

昨年12月に結婚した俳優の永井大と女優の中越典子が都内のホテルで挙式・披露宴を行い、挙式後、2シ

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑