香取慎吾&綾瀬はるかが三谷幸喜監督初SF作品で夫婦役!


SMAPの香取慎吾と女優の綾瀬はるかが、三谷幸喜監督の映画最新作『ギャラクシー街道』で共演するという。三谷監督が初めてSFに挑み「スペース・ロマンチックコメディー」と位置づける作品で、香取と綾瀬は宇宙人の夫婦役を演じるという。
コメディー映画のヒットメーカー三谷監督が、初めて“宇宙”に挑む。物語の舞台は西暦2265年、木星近くに造られた人工居住区「うず潮」と地球を結ぶ宇宙幹線道路「ギャラクシー街道」の脇にたたずむ小さな飲食店。そこで働く人々と客たちが織りなす宇宙人模様を描く。香取が宇宙人“ノア”で主演。綾瀬はその妻“ノエ”というユニークな設定。
THE 有頂天ホテルなど数々の作品で三谷監督とタッグを組んでいる香取は「久しぶりの三谷映画の出演にワクワクしています! スペースロマンティックコメディ?! なんだそれは!という感じです。どんな映画になるのか、撮影が楽しみです!」と期待を寄せ、三谷作品が7年ぶりという綾瀬は「奇想天外な三谷さんの作品、今からとても楽しみです! 香取さん、どうぞよろしくお願い致します!」とコメントを寄せているという。
三谷監督は「ロマンチックコメディーをやってみたかったのですが、普通の恋愛モノでは面白くない。そこで舞台を宇宙にしてしまおう!と思いつきました」と発案のきっかけを説明し「手作り感満載の宇宙が見てみたい」と希望し、CGを使わずセットで宇宙空間を再現しさらに、ライバルとしてSFシリーズ『スター・ウォーズ』を挙げ「目指すはシリーズ最高興収超え。目標も宇宙規模でいきたい」とぶち上げているという。

香取慎吾プロフィール

katorisingo
香取 慎吾(かとり しんご、1977年1月31日[2] – )は、日本の歌手、俳優、タレントであり、男性アイドルグループSMAPのメンバーである。
神奈川県横浜市出身。ジャニーズ事務所所属。
1988年4月、SMAPの前身の男性アイドルグループであるスケートボーイズの中からSMAPのメンバーに選ばれた。当時11歳でメンバーの中では最年少であった。
1995年、ドラマ『未成年』で第7回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞を受賞。 1996年4月、『透明人間』で連続ドラマ初主演。同年10月にはドラマ『ドク』で第11回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞を受賞。
1997年、『香港大夜総会 タッチ&マギー』で映画初主演。同年4月、『香取慎吾の天声慎吾』(後に『香取慎吾の特上!天声慎吾』に番組名が変更)が冠番組としてスタート(2008年9月28日まで11年間にわたって放送された)。
2000年、慎吾ママとしてシングル「慎吾ママのおはロック」を発売。ミリオンヒットとなった。また、慎吾ママの「おっはー」は流行語大賞を受賞。
2001年10月、情報・教養バラエティ番組『SmaSTATION!!』がスタートし、司会を務める。
2003年には15kgのダイエットに成功し、ダイエット記を綴った本『DIET SHINGO』(マガジンハウス)がベストセラーとなった。
大河ドラマ『新選組!』(2004年放送)の主演に抜擢された。『新選組!』の初回視聴率は26%、年間の平均視聴率は17%。

2005年から、テレビ朝日のサッカー日本代表応援団長に任命される。
2006年、ドラマ『西遊記』で主人公・孫悟空を演じ、全話20%越えの視聴率を記録した。
2007年7月14日公開の主演映画『西遊記』が興行収入43.7億円を記録した。当映画は昨年放映された主演ドラマ『西遊記』の劇場版である。同年7月28日 – 29日に放送の『FNS27時間テレビ みんな“なまか”だっ!ウッキー!ハッピー!西遊記!』では、総合司会を務めた。
2009年秋、ニューヨークのオフ・ブロードウェイでミュージカル『TALK LIKE SINGING』(脚本:三谷幸喜、音楽:小西康陽)に出演。日本のオリジナルミュージカルが初演をニューヨークで行うのは日本の演劇界では初のことだった。翌年2010年には日本公演も行われた。

綾瀬はるかプロフィール

ayaseharuka1
綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年3月24日 – )は、日本の女優、歌手。
広島県広島市出身。ホリプロ所属。身長165cm。スリーサイズは、B88・W61・H91。
2004年頃まではグラビアアイドルの活動を主にしていた。写真集や週刊誌で肌を大胆に露出したり、『コスモエンジェル』などのローカル番組での体当たりのキャラクターが人気を博した。その後女優として評価されるにつれてグラビアの活動は減ったが、週刊誌などでセクシーな肢体を披露することもある。
『世界の中心で、愛をさけぶ』では、白血病に冒されたヒロインを演じる為に、映画版で同役を演じた長澤まさみ同様、剃髪を行った。他にも作中の描写に合わせるために体重を増減させるなどの役作りをしていた。

ホリプロスカウトキャラバンには友達に誘われて参加した。その気になった理由は「部活を休むための口実」だった。特技ではやることがなかったので学校で流行っていたウサギのまねをした。バラエティ番組に出演する際に、特技として披露することもある。

共演者、スタッフの証言やメイキング映像などからも分かるとおり、非常に真面目な性格で演技に対する真摯な態度は共演者、スタッフからも評価が高い。演技に関して納得行くまで監督と話し合うことも多い[7]。また、天然ボケと評されることがあり、『ホタルノヒカリ』で共演した藤木直人は、彼女のことを「マイペースで天然。よくつまづいて転んでいたから」と評している。『島田検定』に出演した際は、珍回答を連発して司会の島田紳助(同じ誕生日)から「君、本当にアホやろ」と言われたり、『SMAP×SMAP』では木村拓哉と中井貴一から、綾瀬がベンガルに「ハーフですか?」と尋ねたことや、「ジーコって芸名なんですか?」といった過去の発言を指摘された。また、『ハッピーフライト』の初日舞台挨拶で吹石一恵から「周りの人全員をツッコミにしてしまう(ボケ役の)キャラ」と言われるなど、同映画の共演者からも彼女の天然ぶりを言及されている。尚寺島しのぶは綾瀬が人の話を聞かないから「不思議な生き物」と毎日観察していて、吹石と一緒に綾瀬を苛めていたとのこと。また天然だと言われていることに対し、本人は「天然ではない」と述べている。

尊敬する女優は八千草薫(『白夜行』で共演)、松たか子(『HERO』で共演)、深津絵里(『ザ・マジックアワー』で共演)、樹木希林など。好きな俳優は小日向文世『ザ・マジックアワー』などで共演。板谷由夏とは『ホタルノヒカリ』共演以来親しい仲であり、持田香織(同じ誕生日)とは一緒にバレエに通う仲である。多部未華子とは、一緒に食事などに行く仲である。
オリコン調査の「恋人にしたい女性有名人ランキング」で、2009年、2011年、2014年と3度1位に輝く。

三谷幸喜プロフィール

mitanikouki
三谷 幸喜(みたに こうき、1961年7月8日 – )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、俳優、映画監督。シス・カンパニー所属。
東京都世田谷区出身。世田谷学園高等学校を経て、日本大学藝術学部演劇学科卒業。
幸喜という名前は、当時の大関で後に横綱となった大相撲力士の大鵬幸喜にあやかったもの。少年時代には、『とんねるず』の木梨憲武と同じサッカークラブに所属していた。
締め切り間近まで台本が仕上がらない遅筆が有名。舞台『巌流島』では、台本の遅延によって公演初日が大幅にずれ込むことになり、佐々木小次郎役の陣内孝則が降板している。この時に三谷は「今後、同様なことを起こしたら筆を折る」と宣言している。仕事が行き詰まると、ティッシュを大量に箱から出したり、ベッドと壁の間に挟まる等の小さな奇行に走る。これは三谷が実体験を元にして脚本・主演を務めた『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 〜人気番組競演編〜』の一話「台詞の神様」でも描かれている。

戸田恵子によれば、執筆作業が佳境に入ると髪や髭がボサボサになってヨレヨレの姿になるという。撮影現場で脚本が勝手に書き換えられた経験などから、テレビドラマの演出家には不信感を持った時期があるようで、かつてはドラマディレクターに対する辛辣な発言もあり、エッセイの中で日本テレビの細野英延、フジテレビの杉田成道に対して不快感を顕わにしたこともあった。しかし共同テレビの河野圭太には「テレビで最も信頼している演出家」という賛辞とともに全幅の信頼を寄せており、星護(共同テレビ)、鈴木雅之(フジテレビ)などにも一定の信頼は置いているようである。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

板野友美と篠田麻里子のツーショット【画像】

篠田麻里子とのツーショットを実現した板野友美が、ツイッターで「たのしかったー。久々の再会」とつぶ

記事を読む

石川亜沙美がRYOJIと離婚!

モデルで女優の石川亜沙美とヒップホップグループ「ケツメイシ」のRYOJIが昨年夏に離婚していたと

記事を読む

剛力彩芽がアンチを跳ね返すメンタルの強さをみせつける!

剛力彩芽の主演ドラマ『天使と悪魔』が放送を終了し、視聴率は初回6.4%と「金曜ナイトドラマ」枠ワ

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑