真木よう子の漆黒のマッシュヘアが大好評【画像】


女優の真木よう子が真っ黒な髪色が印象的なマッシュヘア姿をInstagramで公開したという。
先日最終回を迎えたばかりのフジテレビ系テレビドラマ「問題のあるレストラン」には、ウエービーな茶髪のショートヘアで主演していた真木だが14日には「昨日ドラマオールアップしました さて、気持ち切り替えていかなくては」とつづっていたが、20日にInstagramを更新すると目の上ギリギリのラインで前髪をそろえ、真っ黒なストレートの髪をマッシュスタイルにした写真をアップしたという。

「漆黒。くろ。切り替えはやーい」と新しいヘアスタイルで心機一転を図ったことをハートマーク付きでファンに報告したという。
コメント欄には「問題のあるレストランとても良かったです。泣」とドラマの完結を惜しむ声のほか、「ステキです」「日村さん(バナナマン)みたい」「木村カエラちゃんぽい」とインパクトのあるマッシュヘアへの反響が寄せられているらしい。

漆黒のマッシュヘアの真木よう子

makiyouko

真木よう子プロフィール

makiyoko1
真木 よう子(まき ようこ、1982年10月15日 – )は、日本の女優、歌手。千葉県印西市出身。フライングボックス所属。
身長160cm。バストサイズは以前から非公表。趣味は映画鑑賞。特技はスポーツ
4人兄弟で唯一の娘。兄、2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つ。

小学生2年生の時に安達祐実主演の『REX 恐竜物語』を鑑賞し、同世代の安達が活躍しているのを見て、芸能界に入りたいと強く思った。中学3年生の時に両親に『無名塾』入りと芸能界入りを相談したところ、父から猛反対を受けるが、どうしても女優になりたかった真木は「(女優になるのを反対するなら)援助交際してやる!!」と父を脅し、芸能界入りの許可をもらった。

中学卒業後の1998年、応募者約1000人の中からわずか5人の合格者の内に選ばれ、仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」に入塾(同期に滝藤賢一、内浦純一がいる)。翌1999年 – 2000年、入塾二年目にして無名塾公演『どん底』で重要な役どころであるナターシャ役に大抜擢され、半年間の旅公演に回った。仲代は『どん底』パンフレットの中で、その才能を絶賛していた。

しかし、少しでも稽古を多くしたいと思ったことから、合宿で日課となっている早朝の持久走を早い時間に済ませて先に発声練習をして集合場所で待っていたため、それを見た仲代がサボったと思い大激怒。納得の行かなかった真木は逆に仲代に怒り返したことから、結局そのまま退塾・帰京。

その合宿以来、仲代とは挨拶もしていなかったが、2013年7月、仲代が報知新聞社のインタビューで「真木さんにいつか会うときがあったら『おめでとう』と伝えてくれないか」と取材者にメッセージを託した。それに対し、真木は、同年12月、第38回報知映画賞表彰式で「無名塾でお芝居の面白さとか、役者の面白さを全部教えてもらった。いつかごあいさつができる日が来たら……『ありがとうございました』ときちんと言いにいきたい」とコメントした。

2003年のオムニバス写真集『LIP』で水着姿を初披露。水着のグラビアはこの時と『月刊真木よう子』のみである。2005年に撮影した初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』で初めてヌードシーンに挑戦した。2007年発売の写真集『月刊真木よう子』ではセミヌードを披露している。
真木よう子写真集 MUSCOVITE(モスコヴァイト)

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

May J.「カバー便乗」批判に悩んだ過去を本に!

 歌手May J.が都内で初の著書「私のものじゃない、私の歌」の発売記念イベントを行ったという。

記事を読む

保田圭が自宅から閉め出され交番へ!

元モーニング娘。の保田圭が鍵を持たずに自宅から閉め出され、警察のお世話になったことをブログで明か

記事を読む

ももクロ落選に音楽関係者疑問の声も!

3年連続で出場していた女性アイドルグループ「ももいろクローバーZ」がまさかの落選したという。高い

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る






PAGE TOP ↑