元電波少年芸人が活躍中!福島復興目指すなすびはT部長に感謝!


電波少年といえば、1990年代を代表するバラエティ番組だが、体当たり系の芸能人を多数輩出してきて松村邦洋、猿岩石、ドロンズ、Rまにあ、坂本ちゃん、朋友などの芸人に加え、真中瞳、ケイコ先生(現・春野恵子-浪曲師)、Something Elseなども同番組の出演経験を持っている。

元猿岩石・有吉弘行の再ブレイクは言うまでもなく、元ドロンズの2人が飲食店経営者として成功し元朋友のチューヤンは香港に戻り著名広告ディレクターになったという。

現在39歳となったなすびは東京での舞台活動の傍ら、東京と故郷・福島を深夜バスで頻繁に往復しつつ、福島の復興や観光イベントなどに積極的に参加中で地元では絶大な人気を誇り、福島の復興のシンボル的存在となっているらしい。芸能事務所には所属せず、マネジメントも一人で行っているという。

あまりにも過酷なチャレンジを強いた土屋氏とは、昨年十数年ぶりに会ったという。「エベチャレ」について説明するも、最初は意義などについて理解できなかったようだが、話をしているうちに、「ハガキ一枚一枚、地道に書き続けている姿と、エベレストの頂上に向けてお前が一歩一歩歩いている姿と重なったよ。そしてそれを全国の人が応援してくれているということも『電波少年』と似ている。『電波少年』が今のおまえの原体験で、きっかけは俺が作ったのかもしれないね」と言われたという。

「恨みはゼロかというと嘘になりますが、今あるのはやはり電波少年のおかげ。土屋さんにはとても感謝しています」

複雑な思いを抱きつつも、土屋氏と番組に感謝するなすび。現在は福島の復興に向けた活動に勤しむ。東京で舞台をこなす多忙な身ながらなぜ福島と東京を行き来するのか。
エベレスト登頂に向けて旅立つが、なすびは3日、ツイッターで「なすびエベレストへ向けて出発決定!!! これもみなさまの応援のおかげであります。まだ達成には少し足りておりませんが今後共応援よろしくお願い致します」と寄付への感謝の気持ちを述べているという。

東風万智子(真中瞳)プロフィール

manakahitomi
東風 万智子(こち まちこ、1979年10月30日 – )は、日本の女優。旧芸名は真中 瞳(まなか ひとみ)。

大阪府出身。クリオネ所属。
大阪女学院高等学校卒業、埼玉女子短期大学中退。

高校卒業後に東京へ行き、デビュー出演となった1999年、日本テレビのバラエティー番組『進ぬ!電波少年』の企画「電波少年的ハルマゲドン2」「電波少年的80日間世界一周」でブレイク。

2000年、テレビ朝日系ニュース番組『ニュースステーション』の金曜日のスポーツキャスターを担当。同年、ドラマ『編集王』(フジテレビ系)で女優デビュー。以後、ドラマ、映画、舞台などで活躍する。

2006年夏に所属事務所であったワタナベエンターテインメントを辞め、オーストラリアに約1年半語学留学するとともに、東京都内でOLとしても働いていた。2009年に入り、旧事務所のプロフィール欄から名前が削除され、一部報道では引退したと伝えられていた。

2009年、芸名を東風 万智子(こち まちこ)に変え、2009年10月15日から19日にかけて東京都墨田区アサヒ・アートスクエアで上演された音楽朗読劇「HYPNAGOGIA」に出演、復帰していた事が報じられた。新しい芸名は、本名の読みが「まちこ」のため、芸名も同じ読みに合わせた結果決まったという。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

能年玲奈が芸能界引退の危機!所属事務所と亀裂!

 2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレークした女優、能年玲奈が芸能界から引退する

記事を読む

全身美容整形したハイディ・モンタグのビフォー・アフター【画像】

MTVの人気リアリティ番組The Hillsに出演し、一気に全米のティーンたちから注目を集めたハイデ

記事を読む

NHK佐々木彩アナが同僚職員と結婚していた!

4月からNHK番組「ニュースウオッチ9」のスポーツキャスターを務めている佐々木彩アナウンサーが、

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑