マツコ・デラックスが恐れるテレビ業界の黒幕とは?!


DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦4時間SPで、マツコ・デラックスがフィクサーみたいな人たちの存在を語ったという。

NEWSの増田貴久がマツコへ「言いたいことが言えない人がいませんか?」という質問をぶつけ増田は、マツコについて誰にも分け隔てなく接する印象があると話したうえで、そんなマツコでも気を遣う芸能人がいるのか?という疑問を持っていたのだという。
マツコは否定しながらも「頑張ってでも言うようにした、怖いなって思っても」と、相手が大物芸能人でもひるまない努力をしていたことを明かしたという。
マツコは芸能人以外では「たくさんいる」と明かし、司会の上田晋也から誰なのかを迫られると「言えない、それは」と、首を横に振り笑いを誘ったらしい。
フィクサーの意味を説明しろという上田に、マツコが「操ってるのいるじゃん!現場には滅多にこないんだけど、たまにいるとなんか」と説明すると、今田耕司が「周りの雰囲気がガラッと変るみたいな」と例えてみせ、これにマツコが「周りの雰囲気がピリッとする人。そういう人が私たちを操ってるのよ、上から」と訴えたという。

マツコ・デラックスプロフィール

matuko
マツコ・デラックス(男性、1972年10月26日 – )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者。千葉県千葉市花見川区出身。所属事務所はナチュラルエイト。
マツコ・デラックスさんの本名は松井貴博
1972年10月26日、千葉県千葉市花見川区生まれ。芸能界進出以前における経歴については、まとまった記載はないが、美容師見習い、ゲイ雑誌「Badi」の記者・編集者などをしていた。ゲイ雑誌の編集者を辞めた後は一時期実家で引きこもり生活を送っていた。文筆活動を薦めることで、そんな状況を救ったのは中村うさぎだった。

2000年頃から180×3のスリーサイズ・体重140kgの巨体に女装するというスタイルでの活動を行い、そのキャラクター性を生かしたタレント活動を開始する。また文筆業でも「マツコ・デラックス」の筆名でコラムニストとして幾つかの雑誌で連載を持つ。 新聞およびニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。

マツコ・デラックスのすっぴん

matukosu

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

はるな愛がニューハーフの整形事情を暴露

世界一のはるな愛になるダイエット/はるな愛/たかの友梨 another sky-アナザースカイ-で

記事を読む

チャーリー・シーンさんがHIV感染!

米俳優チャーリー・シーン(Charlie Sheen)さんが米NBCテレビの生放送番組に出演し、

記事を読む

脂肪吸引の現実

現在の脂肪吸引手術は超音波、ボディジェット、ベイザー波など、いろんな方式があるがいずれも脂肪を柔らか

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑