視聴者が新山千春に呆れ声! スザンヌと明暗?!


元野球選手と離婚という共通点のある新山千春スザンヌがライオンのごきげんように出演しシングルマザーはじめました!と題してサイコロトークを繰り広げたという。

新山は現・埼玉西武ライオンズ2軍コーチの黒田哲史と昨年12月に離婚、スザンヌは今年3月に現・野球解説者の斉藤和巳と離婚し似たような境遇であるはずの二人だが、なぜかネット上では新山に批判が集中したという。一方のスザンヌは離婚をきっかけに評価を爆アゲしたことで知られているが、その差はどこにあったのだろうか。

アレってどうしてます?というトークテーマでは、新山がスザンヌに前夫との結婚指輪や写真をどうしているかと質問しスザンヌは「処分に困っている」と率直な気持ちを語ったらしい。

一方、新山は驚きの気遣いエピソードを披露し結婚中に住んでいた家に今も元夫が暮らしているという状況を説明したうえで新しい彼女や友達が来たときのために家の中の新山千春の痕跡を消しておく」といい、花柄を基調にしていたトイレをシンプルなブルーに変えたり、自分が写っている写真を集めて「新しい恋人が来たら隠すんだよ」と付箋を貼っておくなど徹底的に自分の痕跡を消すよう努めたという。

新山は何度も「新しい彼女ができたら申し訳ないから」「ケアしてあげたかった」などと語り、離婚しても元夫の立場を気遣っていることをアピールしたという。

別れた後も元夫を気遣っているというエピソードを自ら披露したことに不信感を抱いた人が多かった様子で確かに、本当にそれほど思いやりがあったなら別れる必要がないように感じる。
離婚した当時、新山は「仕事の都合上すれ違いが多く家族の時間を十分持てなくなった」「娘を第一に考えた結果」という理由を挙げていたがこれにもウラがあると指摘されているという。
スザンヌの後に続く作戦だったようだが、残念ながら逆効果になったらしい。

新山千春プロフィール

niyamatiharu3
新山 千春(にいやま ちはる、1981年1月14日 – )は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドルである。結婚前の本名同じ。

青森県青森市出身。ホリプロ所属。元夫は元プロ野球選手の黒田哲史、娘は子役の新山小春。
青森市立高田中学校を経て、堀越高等学校卒業。

中学校在学中の1995年、第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンの審査員特別賞を受賞したのをきっかけに芸能界入り。テレビ朝日『タイムショック21』の司会を中山秀征と務めた(現在も、「超タイムショック」の特番の際は、中山とともに司会を務めている)。他に過去の主な番組は『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』・『嗚呼!バラ色の珍生!!』アシスタントなど。

2004年、『特捜戦隊デカレンジャー THE MOVIE フルブラスト・アクション』では所属事務所の後輩・載寧龍二と共演。更に今井雅之監督の『すっぴんぶるうすザ・ムービー』にも出演。また読売ジャイアンツ所属(当時)の黒田哲史(現・埼玉西武ライオンズ一軍打撃コーチ補佐)との婚約を発表、同年12月結婚。

2006年2月16日、妊娠5ヶ月であることを発表。同年7月12日、第1子である女児(小春)を出産。2006年12月、新山のデザインキャラクター「赤ちゃんけろっとスイッチ」がタカラトミーから発売された。

2010年1月、青森市観光大使に委嘱される。

2014年12月29日、自身のブログにて黒田との離婚を発表した。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

元モー娘。安倍なつみが押尾学とお泊まりを告白する?!

安倍なつみ が、バイキングで、元カレとの別れ話を暴露したという。この日は出身地である北海道でのグ

記事を読む

彼女の父親だったら怖くて結婚をためらう有名人一位は?!

20~30代の独身男性200人に、「彼女の父親だったら怖くて結婚をためらう著名人」についてアンケ

記事を読む

米倉涼子の早過ぎる離婚報道のウラとは?!

結婚3カ月で早くも別居、離婚報道が報じられた女優、米倉涼子だが関係者からは「離婚にはまだ早いが、

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る






PAGE TOP ↑