二重アゴを治す薬Kybellaがアメリカで認可される?!

seikei29
コンプレックスをなくすのに、整形手術を受ける必要がひとつ、なくなるらしい。アメリカの製薬会社が開発した薬「Kybella」は、デオキシコール酸を含み、注射するだけで二重アゴを治すことができ最近FDAの認可を受け、6月からアメリカで利用可能になるという。

アルフレッド・ヒッチコックやウィンストン・チャーチルのようなカリスマ性のある男たちにとっては、正真正銘のトレードマークだがその他大勢の人間にとって、二重アゴは美しいとは言いがたい。いや、ない方がいい。

整形手術や脂肪吸引は解決策として極端すぎるが、これに対して、アメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されたばかりの新しい薬は、注射で二重アゴを完全に消してくれるものだ。米キティラ製薬(Kythera Biopharmaceuticals)が開発した医薬品が「Kybella」という名前で商品化され、6月以降にアメリカで利用可能になるという。
新しい薬の有効成分となるのは、デオキシコール酸だ。ヒトの肝臓が自然に生み出すステロイドで、食物の脂肪を燃焼させるものとして、以前から世界中で「オフラベル」で利用されている。これは、いわゆるメソセラピーやリポセラピー、すなわち、注射によって行われる非外科的脂肪除去の成分として用いられているという。

デオキシコール酸は、いったん首の組織に注射されると、脂肪細胞(adipocyte)を滅して、その後に細胞の残骸のエマルション(乳濁液)のみを残すというものだ。この乳濁液は、すぐに体内に吸収されKybellaの投与は、病院において、特別な訓練を受けた皮膚科医だけが行うことができ下あごの組織に数度にわたって注射するというもので、月に一度、最大6カ月の間行われるという。

臨床研究としては19例あって、それぞれデオキシコール酸は脂肪細胞に対してのみ影響を及ぼすことが証明されているが適用した個所の内出血、腫れ、しびれのようないくらかの副作用が確認されているが症状は処置から約3日間続く可能性があり、数ケースにおいては、顔の神経の損傷(永続的ではないが)と、飲み込むのが困難になることも記録されたという。

キティラ製薬は、この薬が販売される価格をまだ明らかにしていないが現在利用可能な代替手段がどういったものかというと、体に対してより大きな影響を生じるし、多額の費用が必要だがアメリカでの首の脂肪吸引には、2,700~5,000ドル以上におよぶコストが生じる可能性があるらしい。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

加藤紗里「ヒアルロン酸注射整形」の場所わかった?

 お笑い芸人・狩野英孝さんの二股騒動で一躍有名となったタレント・加藤紗里さんに「プチ整形疑惑」が

記事を読む

菊川怜が小倉さんを呼び捨て?!

視聴率低迷に喘ぐフジテレビだが、朝の情報番組とくダネ!だけは絶好調で景気がいいという。視聴率に応

記事を読む

マイコーりょうがマイケル・ジャクソンになりきるために凄まじい生活

2タカトシWADAIの王国で、マイコーりょうが、凄まじい生活を公開しマイコーは、マイケル・ジャク

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑