栗原類が発達障害を告白!8歳の時に判明していた?!


モデルの栗原類がNHK「あさイチ」に出演し発達障害のひとつである注意欠陥障害(ADD)であることを告白したという。

あさイチは番組内で「増加!夫の発達障害 苦悩する妻」を特集し栗原はゲストとしてスタジオに生出演し、米国に住んでいた8歳の時にADDと診断されたことを明かしたらしい。言語的なことだけではなく、行動的な場面でもおかしいと思った担任教師が栗原の両親に受診を提案し検査したところ「ADD」と診断されたという。
kurihara
障害の症状については「人に合わせられなかったり、決め事やこだわりが強い」と説明。例として「冷蔵庫の中で、いつもお茶が置いてある場所に違うものがあると気持ち悪くなって置き直してしまう」と話したという。

発達障害(ADD)とは

一般にADHDとして扱われるADDは、多動性が少ない不注意優勢型である場合が多い。子供ではICD-10による多動性障害(たどうせいしょうがい)の診断名が頻繁に適用される。学童期までの発症率は1 – 6%で男子の方が女子よりも高い。 しかし、女子の場合は多動が目立たない不注意優勢型に分類されることが多く、発見が遅れがちである。よって、認知される人数が少ないことが推測され、実際の発症率の男女差はもっと小さいとする説もある。ICD-10での多動性障害の発症率は学齢期で3〜7%であり、その内30%は青年期には多動と不注意は目立たたなくなり、40%は青年期以降も支障となる行動が持続し、残りの30%は感情障害やアルコール依存症などのより重篤な精神障害が合併する。
集中困難・過活動・不注意などの症状が通常12歳までに確認されるが、過活動が顕著でない不注意優勢型の場合、幼少期には周囲が気付かない場合も多い。

年齢が上がるにつれて見かけ上の「多動(落ち着きがなくイライラしているように見える)」は減少するため、かつては子供だけの症状であり、成人になるにしたがって改善されると考えられていたが、近年は大人になっても残る可能性があると理解されている。その場合は多動ではなく、感情的な衝動性(言動に安定性がない、順序立てた考えよりも感情が先行しがち、論理が飛躍した短絡的な結論に至りやすい)や注意力(シャツをズボンから出し忘れる、ファスナーを締め忘れるといったミスが日常生活で頻発する、など)や集中力の欠如が多い。遺伝的な要因もあるとされるため、症状は育て方や本人の努力で完治することはないとも言われている[12]。近年では成人にADHDを認めるべきと考えられている。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

深田恭子が水着写真集2冊同時発売!

 女優の深田恭子が23日に写真集『This is Me』『AKUA』を2冊同時発売することが、明

記事を読む

清原容疑者が支離滅裂で途中退席…東国原氏「元木さんがかわいそう」

 元衆院議員でタレントの東国原英夫氏とジャーナリストの山路徹氏が放送の関西テレビ「胸いっぱいサミ

記事を読む

マナカナの三倉佳奈さんが第2子を妊娠!姉・茉奈さんも祝福!

双子タレントで知られるマナカナの妹・三倉佳奈さんが第2子を妊娠したことをブログで報告しましたとい

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑