椎名林檎が1964年東京五輪エンブレム再利用提案!


歌手の椎名林檎が、2020年東京五輪公式エンブレムとして、1964年の東京五輪で使用されたエンブレムを再利用することを提案したという。

盗作疑惑などでマイナスイメージがついた佐野研二郎氏デザインのエンブレムは、大会組織委員会が1日に使用中止を決定しこれにともない、新たなデザインが再公募されることが決まったという。

佐野氏デザイン問題が取り沙汰されていた当初から、各方面から代替デザインが提案されていたが、椎名は1日に事務所の公式ツイッターを通じ、「斯くなる上は、亀倉雄策氏による1964年ロゴを再利用するのはいけないのでしょうか」と提案し「年号は変更が必要ですけれど。『東京・二度目の余裕』を見せていただきたい、などと思ってしまいます」との思いをつづったという。

椎名林檎プロフィール

ringo
椎名 林檎(しいな りんご、Sheena Ringo、1978年11月25日 – )は、日本のシンガーソングライター。有限会社黒猫堂所属。レコードレーベルはEMI Records Japan(ユニバーサルミュージック)。2004年から2012年まではロックバンド・東京事変のボーカリストとしても活動していた。2009年、平成20年度芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)受賞。

シンガーソングライターの椎名純平は実兄。イラストレーター・ブックデザイナーの辰巳四郎は叔父。またその娘であるイラストレーターの藤森玲子はいとこにあたる。

「椎名林檎」という芸名は、高校1、2年生の時、「ここでキスして。」「ギブス」「茜さす帰路照らされど」「虚言症」などの作品を初めてJASRACへ著作者登録をする際に筆名が必要となり、あくまで一時的なつもりで使用したのが始まりで、なぜ「林檎」と命名したかについては、自身のバンド活動もドラマーから始まったということもあってビートルズのドラマーだったリンゴ・スターの名前を借用したと語っている。また名前が人の名前とは思えない、物体そのものを表すものだということについては、漫画家の吉田戦車のペンネームからの影響があると語っている。もともとの由来は、子供の頃はかなりの恥ずかしがり屋で、学校で先生に指されるとすぐほっぺたが真っ赤になってしまっていたから。

デビューからしばらくの間標榜していた「新宿系」については、「取材などで常に『(ジャンルは)何系?』と聞かれるのが面倒くさいので口から出まかせを言った」などと答え、またその定義についても「本当は意味などなかったが何か理由づけしないとと思って聞かれたことに対して一生懸命答えたのだろう」と明かしている。

トレードマークだった左の口元のほくろについては、「小学校時代に女優の沢口靖子やマドンナのように口元にほくろのある女性に憧れてペンで書いていたら本物になった」という噂を本人が肯定しており、また2003年に手術で除去したもののその後再び近い場所に新しいほくろが出来てしまったとも語っている。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

前田敦子が女優としての世間の評価が手のひら返し状態!美しくなったと評判!

元AKB48の前田敦子がヒロインを務める映画『イニシエーション・ラブ』が、6月最終週時点で興行収

記事を読む

尾野真千子がEXILEらが所属する芸能事務所LDHの幹部と結婚!

女優の尾野真千子がEXILEらが所属する芸能事務所「LDH」の専務を務める40代前半の男性と結婚

記事を読む

目の色も変えられる最新美容整形

人工虹彩インプラント 最新の美容整形技術は目の色も変えられるという。永遠に変えられるらしく視力

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑