剛力彩芽以上のゴリ押し娘・山本美月のブサイク声隠しに批判高まる?!


時代劇『必殺仕事人2015』に、モデルで女優の山本美月が、声を出すことが出来ない泣きぼくろのお宮役で出演することが、先月30日に発表されたという。これには、「ブサイクな声を隠してまで、ゴリ押しするのか!」「もはや、剛力彩芽以上のゴリ押し」など、ネット上では批判の声が高まっているという。

「今年上半期のタレントCM起用社数ランキング(ニホンモニター調べ)では、上戸彩に次いで、杏、桐谷美玲と並び2位にランクイン。次期CM女王とも目される山本ですが、演技力に関する評価は惨憺たるものがあります。特に声に関しては、かわいいルックスとあまりにギャップがありすぎ、ネット上では『ブサイクすぎる』と容赦なく叩かれているようですし、そのブサイクな声でドS演技を披露した『日清焼そばU.F.O.』のCMでは、視聴者からの反応も微妙でした」
だが、たとえ演技が下手で、声がかわいくなくても、山本を熱狂的に支持するファンは多いようだ。

山本美月プロフィール

yamamotomiduki1
山本 美月(やまもと みづき、1991年7月18日- )は、日本のファッションモデルで、女優。167cm・77-59-85・股下83cm。O型。モデル事務所のインセントに所属。「東京スーパーモデルコンテスト」初代優勝者。とりわけ女性ファッション雑誌『CanCam』におけるモデル活動から著名。同誌の看板モデルの一人。

2009年の「東京スーパーモデルコンテスト」を舞台にデビュー、以降、『CanCam』の専属モデルとして活動しながら、2011年より女優活動も併行している
高校3年生当時の2009年7月に「東京スーパーモデルコンテスト」の第1回に出場し、『CanCam』、『PS』、『AneCan』、『Oggi』という4つの女性誌の合同開催であったこの大会でグランプリを獲得、100万円の賞金を獲得するとともに、これら4誌のうちのいずれかの表紙を飾ることが決定。“CanCam賞”を受けたことから『CanCam』に決まり、同誌の人気モデルであった西山茉希および徳澤直子と並んで同誌の同年12月号の表紙に登場、同誌の専属モデルへ。これがデビューとなった。

2011年なかば頃にテレビドラマ『幸せになろうよ』で役を演じ、自身初となる女優活動。さらに2012年には吉田大八監督映画『桐島、部活やめるってよ』で一役を担うことが決定。初の映画出演であった。この映画出演に加え、同年にはイメージキャラクターを担うサマンサタバサや伊藤園「Stylee Sparkling」などのテレビコマーシャル出演も特筆の的となった。10月からはドキュメンタリー番組『ウーマン・オン・ザ・プラネット』に出演。初のテレビ番組レギュラーかつ初の司会経験となった。同時期には『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』での初の連続ドラマ出演もあった。

テレビドラマ『SUMMER NUDE』への出演などが注目を集めた2013年には、単独表紙を飾った『CanCam』10月号の誌面で42ページにわたる特集を受ける。このような規模の特集は同誌の史上異例のことであった。2014年にもテレビドラマ『僕のいた時間』や、『黒執事』、『東京難民』、および『女子ーズ』などの映画に出演。7月放送開始のテレビドラマ『アオイホノオ』では初のヒロイン役で出演。同時期公開のUULAオリジナルドラマ『奇妙な恋の物語』(「恋するエスパー」編)では初のドラマ主演を果たしている。2015年には『東京PRウーマン』で映画初主演。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

武豊が美馬怜子と深夜の手つなぎデートを否定!

騎手の武豊とフリーアナウンサーの美馬怜子との手つなぎデート現場をキャッチしたという。武は10月3

記事を読む

出水麻衣アナの2度の路チュー写真流出を猛省!

先月初旬、交際中の男性との路チュー写真を週刊誌に掲載されてしまったTBS・出水麻衣アナウンサーだ

記事を読む

美容整形外科医が患者には言えない4つの本音とは

美容整形外科医が患者に言えない本音 脂肪吸引しても痩せない 医師に言わせると、「脂肪吸引しても

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る






PAGE TOP ↑