橋本マナミが喜多嶋舞を批判「女性なら分かる」!

hasimotomanami
グラビアアイドルの橋本マナミがTBS系「サンデー・ジャポン」に出演。元光GENJIのメンバーで俳優の大沢樹生が、元妻で女優の喜多嶋舞が出産した長男との「親子関係不存在」の確認を求めた訴訟の「親子関係は存在しない」との判決を受けて、喜多嶋を批判したという。
結婚当時、喜多嶋が酔った勢いで大沢に対して「父親は別の男性」と発言したとされていて橋本は「酔ったからといってそういう発言をしてはいけない。男性も浮気をしたら墓場までもっていくように、女性もそういう秘密は一生守らなくてはいけないことだと思う」と不快感を示したという。

また、大沢がDNA鑑定の結果を公表した時、喜多嶋は「長男の父親は大沢さん」と反論していた。「あれは子供を守るためというのもあったとは思うのですが、多分ご自分のことも守りたかったのではないかなと思います。女性なら分かりますからね」と女性目線で喜多嶋を非難したという。

橋本マナミプロフィール

hasimotomanami
橋本 マナミ(はしもと まなみ、1984年8月8日 – )は、日本のグラビアアイドル・女優。本名、細川 愛実(ほそかわ まなみ)。

山形県山形市出身。アービング所属・業務提携ハーモニープロモーション。

大人びたセクシーさを売りにし「愛人にしたい女」「平成の団地妻」など独特のキャッチフレーズで知られる
旧芸名は細川 愛実、橋本 愛実(読み名同じ)。山形城北女子高等学校(2年生の2学期まで)→堀越高等学校卒業。

子供の頃は人前に出ることが苦手で内気だったが、小学6年生の時に担任の先生に勧められて学級委員長や音楽界の指揮者を務め、人前で目立つことの快感を覚えたという。芸能人になりたいと思ったきっかけとなったのは、好きだったテレビドラマ『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)。

1997年、第7回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し芸能界入り[7]。デビュー当初は本名で活動していたが、本名だと同じオスカープロ所属の細川直美と混同の恐れから、母方の橋本姓を名乗って芸能活動をすることになった。

オスカープロモーション所属の女性芸能人によって結成されたフットサルチーム「表参道BEAUTY」の元メンバー。

2012年にオスカープロモーションからアービングに移籍し、芸名を現在のものに変更する。2013年10月より所属はアービングのまま、ハーモニープロモーションとマネジメント提携を行う。

弟が1人いる。オカリナが得意。

2014年12月25日、みうらじゅんが独断で選ぶ「輝け! 第17回みうらじゅん賞」を受賞。

かつて出演していた2時間ドラマでは水死体役が多く、真冬の海など冷たい水の中で動くことができず気を無にしていたら、意識が遠のいていって本当に死にそうになった。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

千原ジュニアがメンズブランドのファッションモデル【画像】

千原ジュニアさんといえばバラエティー番組をはじめ、ドラマやラジオ、雑誌のコラムなんかでも活躍して

記事を読む

能年玲奈さんが実は六つ子だったと告白!?兄弟の写真を初披露!

 能年玲奈さんが自身のブログで兄弟を初披露しまさかの六つ子だったという。  4月1日に「記念の」

記事を読む

ソックリになるための美容整形に2400万円を費やした双子姉妹と交際している男性も実は双子?!

一緒で顔がソックリな双子は、神秘的な存在としてとらえられることが多く、双子にまつわる不可思議な話

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑