壇蜜が危機!出版社に売り込むも断られる…編集者が「文才ない」と酷評


3年前に大ブレイクしたグラビアタレントの壇蜜が都内で行われた「えひめスイーツコレクション」のキックオフイベントに出席し壇と同じくお色気キャラのタレント・橋本マナミに関して質問を受け、沈黙したことが話題になっているという。確かに、一頃と比べればメディア露出の機会は減っており、最近では謎の美女・祥子や、見た目が壇とそっくりの副島美咲など若手ライバルと目されるタレントたちが次々と現れている。そうした状況について壇は、「『老兵は死なず、ただ消え去るのみ』で、これからは粛々と自分の年齢と向き合うことが自分の仕事だと思ってます」と冷静なコメントでいつもの余裕を見せる場面もあった。しかし、34歳の壇と31歳の橋本はほぼ同年代で、キャリアでいえば橋本のほうが断然先輩。最近急激にメディア露出を増やしている橋本の存在は、壇にとっては脅威といえよう。

壇はこれまで、艶っぽい大人の色気に反した大胆かつ堂々とした“脱ぎっぷり”が潔いとして、男性のみならず多くの女性ファンも獲得した。男性誌のグラビアを手掛ける編集者は語る。

「今は“熟女戦国時代”といっても過言ではありません。今のグラビア界で壇がこれまで生き残ってきた理由といえば、ほかのタレントたちとは一線を画す聡明さだと思います。セクシーなだけでなく、昭和女子大学卒という学歴と独特な言葉選びが相まって、どこか知性を感じさせるし、バラエティ番組での発言がウケているのも事実です」

そうした自身への評価を壇自身もしっかり意識しているようだ。一昨年、毎年恒例の東京スポーツ主催の映画祭で、壇は「第13回 ビートたけしのエンターテインメント賞」を受賞。その際、今後の展望について「文壇デビュー」とコメント。その後、日刊ゲンダイでコラムの連載を始めたり5冊著書を出版したりと、着実に夢を具現化しているように思える。しかし、そんな壇蜜の文才を疑問視する大手出版社編集者の声も聞こえてくるという。

壇蜜プロフィール

danmitu1
壇 蜜(だん みつ、1980年12月3日 – )は、日本のタレント、女優、グラビアアイドル。本名および旧芸名は齋藤 支靜加(さいとう しずか)。

所属事務所はエクセルヒューマンエイジェンシー→フィットワン。

多彩な経歴を経て、グラビアモデルとして活動を始める。トレードマークの長い黒髪と妖艶な雰囲気で注目を集め、映画、テレビのバラエティ番組などにも数多く出演。男性誌のグラビア以外にも女性誌でも人気を博している[3]。また日本舞踊坂東流師範でもある。

芸名にあたる“壇蜜”は自ら仏教を基に考えたもので、「壇」は仏壇を、「蜜」はお供え物を意味している。
2009年9月、専門学校在籍中の28歳の時にゲーム『龍が如く4 伝説を継ぐもの』のオーディションを受け、キャバ嬢役で出演。

2010年3月、『週刊SPA!』の一般公募型グラビア企画「美女タレント発掘プロジェクト どるばこ」に、余っていたプロフィール写真を送付して、グラビアデビュー。

2010年7月、当初は芸能活動は考えていなかったが、芸能事務所にスカウトされたことと[11]、撮られるということに悦びを感じたことで、グラビアアイドルになることを決意。芸名も「壇蜜」に改名。

デビュー後はグラビアアイドルとして活動。2012年以降、多数のテレビ番組へ出演。バイセクシャルの公言や、「脱ぐことは天命」など、エロチシズムを感じさせるトークや独特な表現で認知度を増している。

2012年12月、第15回みうらじゅん賞受賞。

2013年4月、事務所をフィットワンに移籍。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

イラン女性の整形にかける情熱がすごい

テヘランであちこちで鼻に包帯やギブスをつけた若者がいるという。だが彼らは反政府デモに参加して警官やバ

記事を読む

吹石一恵が公式HPで2日遅れの結婚報告!当日はアクセス殺到で更新できず!

歌手で俳優・福山雅治と入籍した女優・吹石一恵が公式HPでファンに結婚を報告し結婚報告が2日遅れに

記事を読む

男性が整形したい部位は

やってみたい整形の部位ランキング 1位 目 2位 鼻 3位 顔の輪郭全体 4位 顎 5位 

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る






PAGE TOP ↑