ハイキングウォーキングの鈴木Q太郎が離婚していた!


情報番組『バイキング』に9月に出演し夫であるハイキングウォーキング・鈴木Q太郎のクズ亭主ぶりを訴えていたのは、妻でスタイリストの猪熊夏子さんで「生活費を入れてくれない」「3年間、夫婦生活がない」という訴えに、Q太郎は「離婚はしたくないです」と更生を誓っていた。だが、Q太郎の知人は言う。

「2人は夫婦仲を修復できませんでした。公表していませんが、すでにQ太郎は夏子さんと離婚して、独身に戻っています」

Q太郎が7年の交際を経て夏子さんと結婚したのは、10年8月で夏子さんの祖父は業界紙を発行する新聞社の創業者で、当初から格差婚と言われていたという。そんな状況を逆手に取ったQ太郎は、2年ほど前から夫婦の危機ネタをテレビで披露するようになり今年5月には、旅行先で夫婦ゲンカしたあげく、2人で離婚届にハンコをついて、いつでも出せる状態になっていることまで明かしていたという。

鈴木Q太郎プロフィール

q
ハイキングウォーキングは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。ラ・ゴリスターズのメンバーの1組。通称ハイウォー。主にコントをするが、漫才や一発芸なども披露する。
新潟県南魚沼郡塩沢町(現・南魚沼市)出身、A型。身長173cm、体重69kg。
新潟県立塩沢商工高等学校卒業。1998年に吉本入社。東京NSC3期と同期。
長髪が特徴だが、デビュー当時は短髪であった。
基本はボケだが、ネタによってはツッコミもやる。
愛称は「Qちゃん」。「Q太郎」や「Qちゃん」名義で出演することもある。名前の由来は「オバケのQ太郎」のQ太郎。
サングラスをかけるとみうらじゅんに似ているためみうらじゅんのモノマネをすることがある。みうらとはCMで親子役で共演したことがある。
ハイキングウォーキング結成前は「サーロイン」というコンビを組んでいた。
趣味はマラソン、スノーボード、読書。
芸人になる前にスーパーの精肉売り場に勤務していた時期がある。その経験から鶏を3分で捌いたり、目隠しをして肉を食べ、食べた肉の部位を当てることができる。他にも肉を80g、100gなど指定された重さで均一に切り分けることもできる。以前番組でこの肉の均一切り分けを披露し、1グラムの狂いもなく全て同じ重量で切り分けていた。精肉売り場を希望した動機は「(肉の捌き方や目利きなど)手に職が付くから良いと思った」とのこと。
長い髪を耳の所で上に折り返した髪型(角髪)は邪馬台国人に良く似ている。後述auのCMでは「まとめる」というフレーズで他の家族は長髪を後ろで一つにまとめる中、鈴木は角髪のように手でまとめるというボケをかましている。長さは乳首から指3本と決まっており、毎回松田が切っている。「卑弥呼さま〜」のネタも考案したのは松田である。
吉本ブサイクランキングで2007年度13位、2008年度5位、2009年度3位、2010年度7位。
2010年1月19日、レギュラー出演している富山テレビ「Youドキッ!たいむ」の番組内で、婚約を発表。その後事務所を通じて、相手が7年間交際していた一般人であること、同年8月8日に結婚することを公表した。女性は1人娘で、家の姓を絶やさないためにQ太郎は婿養子の形で結婚することになった。姓が「猪熊」に変わることで、それに合わせ芸名も「猪熊Q太郎」に変更予定[3]だったが、披露宴後の会見で芸名を変更しないと発言している。妻(猪熊夏子、業界紙「セメント新聞」社長)との熱愛は交際時代からたびたびネタとしてテレビやラジオで使用されていた。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

北朝鮮の美女応援団が整形手術?!

韓国メディアが暴露、北朝鮮のアジア競技大会応援団350人が集団整形と題した記事を掲載したという。

記事を読む

声優の梶裕貴が30歳の誕生日に等身大写した写真集発売!

「進撃の巨人」では巨人の駆逐に執念を燃やすエレン役を、児童文学の名作を3DCGで長編アニメ化する

記事を読む

相武紗季が堀北真希の結婚に「幸せ~」と不仲説払拭!

女優の相武紗季が、俳優の山本耕史との結婚を発表した女優堀北真希を祝福し「幸せ~」と喜んだという。

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る






PAGE TOP ↑