田原俊彦の娘の田原可南子が本名で活動再開!ジャニーズ主演ドラマに出演!


田原俊彦の娘で、2011年から「綾乃美花」の名前で活動していた田原可南子が本名で再スタートを切るという。田原の娘であることを伏せて応募した『ミスマガジン2011』の準グランプリに輝き、2011年に芸能界入りしドラマや映画に数本出演したが、現在までそれほど目立った活動はしていなかったが理由が公式ブログで明らかになったという。
大学で真面目に学業に取り組んでいたため、仕事との両立が思うようにはいかなかったようだ。そして、芸名から本名にした動機も明かした。
2016年3月に卒業見通しの立った大学4年生の今、「田原可南子」として新たな一歩を踏み出すというわけだ。とはいえ、“大スターの娘”という看板だけで生き残れるほど、芸能界は優しい世界ではない。まして、近年は二世タレントが飽和状態となっている。果たして田原可南子はどうなるのだろうか。芸能記者が話す。
「ブログの決意表明を読む限り、かなりの芯の強さがうかがえます。なかには、何となく芸能界入りする二世タレントもいますが、彼女は違う。女子大生で〈ブレない芯を持つ。気持ちを強く保ち続ける。焦る気持ちに負けちゃいけない〉とはなかなか書けないですよ。正直、父親のインタビューを読んでいるのかと錯覚したほどでした。これらの言葉は、まさに父親の田原俊彦がデビュー以来持ち続けている心情と同じなんです」

田原可南子プロフィール

tahara

田原 可南子(たはら かなこ〈本名同じ〉、1994年(平成6年)2月14日 – )は、日本のグラビアアイドル。旧芸名は綾乃 美花(あやの みか)。東京都出身。スターダストプロモーション所属。ミスマガジン2011準グランプリ。
歌手の田原俊彦と元『CanCam』モデルの向井田彩子の間に生まれた長女。

2011年(平成23年)、ミスマガジン2011に田原の娘であることを伏せて応募。同年5月、最終候補15人に残った際に、田原との関係が明らかになり話題を集めた[4]。ミスマガジン2011では、最終的に準グランプリ、JOYSOUND賞、ジョイポリス賞をトリプル受賞した。

インタビューでは父親に関する質問を聞かれる事が多いせいか、度々マスクを取り出して喋らなくなるパフォーマンスを披露している。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

元日テレの看板である西尾由佳理アナ ついに地上波から消える!?

フジテレビはフリーの西尾由佳理アナ、東野浩治、山里亮太が司会を務める「世界HOTジャーナル」を9

記事を読む

元宝塚・花里まなさんと日テレ安藤アナが結婚!

プロ野球や箱根駅伝などスポーツ実況で活躍する日本テレビの安藤翔アナウンサーと元宝塚歌劇団宙組娘役

記事を読む

寿里と女優の小野麻亜矢が結婚!

モデルで俳優の寿里が自身の公式ブログを更新し女優の小野麻亜矢と入籍したことを発表したという。

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑