吉田羊の大ブレークを生んだ運命の男との出会いとは?!


栄枯盛衰の激しい芸能界にあって、昨年1年間で最もブレークした女優といえば、吉田羊で日本アカデミー賞の優秀助演女優賞など、賞レースは総なめ状態で40代にしてエランドール賞新人賞を獲得し、話題となったという。

吉田は90年代後半から、小劇場の舞台女優として活躍し01年には演劇プロデュース集団「東京スウィカ」を旗揚げし、07年まで在籍し09年には、NHKの連続テレビ小説「瞳」に出演し関係者からの注目が一気に高まった。

たたき上げで実力を蓄え、満を持してブレークした吉田。だがその心中には、ある種の“コンプレックス”が潜んでいた。「私、6年前まで、賞レースに自分が参加できるとは1ミクロンも思っていなくて…。そこを目指す資格のない人間だとどこかで思っていたんです」。小劇場という、ある意味アンダーグラウンドでの日々が、華やかなスポットライトを必要以上にまぶしく感じさせていた。

そんな吉田の転機となったのが、11年2月に行われた日本アカデミー賞の授賞式当日、ある男性との“運命の出会い”だった。「用賀にあるバーで見ていたんですけど、そのとき深津(絵里)さんが『悪人』で主演女優賞を受賞されて、スピーチをされているのを他人事で見てたんです。そしたら、左隣にいた男性のお客さんが、『羊ちゃんはこういうテレビをどういう気持ちで見るの?』って言ったんです」と語った。

驚きと戸惑いの中、「『いや、ふかっちゃんか…、良かったなって思いで見ますよ』って答えたんです」という吉田。すると『そうなんだ…。やっぱり同業者だから悔しいのかなって思ったんだよね…。いつかはここに立ちたいって。意外に素直なんだね」と言葉が返ってきたという。「その瞬間に、不思議と『あ、私もここに行きたいと思っていいんだ』と初めて思って…」と、心の中で、それまでなかった欲が生まれ始めた。

以降は毎日、日々つけている「感謝帳」に「いつか日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞を取れますように」と書くようになったという。「自分で意識し始めると、やっぱり欲も出てきて、これまで見ていた日本アカデミー賞の番組も、違う景色に見えたんですね。『今年も私はここにいない。来年は来れるのかしら?』と、“自分事”として見られるようになってこの6年間を過ごしてきたので、意識するっていうのは大事だなって思います」と話した。

助演として大ブレークした吉田。次は主演も…という野望があるかと思いきや、「そうは思わないですね。もちろん、『羊さんを主演で撮りたい』という奇特な方がいらっしゃれば、もちろん挑戦したいとは思いますけど、それで主演女優賞を狙っていこうとは思わないし、あくまで女優としての経験値をふやすという意味で、助演という立ち位置では見られなかった景色がみたいという気持ちですね」とサバサバした笑顔で話した。

その思いを支えるのは、吉田の“職人”としての誇りだ。「主演肌ではないと思ってますし、主演の方を何とかもり立てたい、その人に必要とされたい、役に立ちたいという気持ちで現場にいる方が楽しいんです」。ひょうひょうとした受け答えに定評のある吉田が、笑顔ながら熱っぽく語ったという。

吉田羊プロフィール

yosiday
吉田 羊(よしだ よう、2月3日 – )は、日本の女優。本名、吉田 羊右子(よしだ ようこ)。愛称は「ひつじ」。

福岡県久留米市出身。ORANKU(おらんく)所属。
福岡県久留米市で、兄2人・姉2人の5人兄弟の末っ子として生まれた。子供の頃からお芝居のマネしたり人前で歌を歌ったりするのが好きで、松田聖子や中森明菜のモノマネをしたり、トイレの中で一人芝居をしたり、誰かを演じるおままごとが好きで中学1年生までやめられなかった。久留米信愛女学院高校へ進学、3年生の時に体育祭で応援団長を務めて注目や歓声を浴び、後輩に慕われファンクラブのようなものもできるなど、後に女優を志すきっかけの一つとなった。高校卒業の後、久留米を離れ上京した。

大学3年生になり周囲が就職活動を開始する中で、自分は性格的に会社勤めには向かないと感じていたことから、幼いころより興味があった女優に挑戦してみたいと決意。思い立ったらすぐに実現したいと、養成所に入ったりレッスンを受けたりするのではなく、情報誌『ぴあ』に掲載された3ヶ月後の舞台作品へ出演する女優を募集する劇団の三行広告に応募して、小劇場の舞台で女優としてデビューした。初舞台が楽しかったことから、以降も同じ劇団の舞台作品へ客演するなど定期的に小劇場の舞台に立ち続け、2001年には比佐廉(脚本・演出)・石津陽子(制作)とともに女性3人で演劇プロデュース集団「東京スウィカ」を旗揚げして2007年に卒業するまで主演女優を務める[10]など、1997年のデビューからおよそ10年にわたって小劇場を中心に活動した。

30代になり、出演舞台を見にきた現在のマネージャーに「映像をやりませんか」とスカウトされ、2007年4月より初めて事務所に所属。大手事務所を辞めたマネージャーが立ち上げた個人事務所の株式会社ORANKU(おらんく)にて、事務所所属のただ一人のタレントとして同年齢の女性マネージャーと二人三脚で映像作品を中心とした活動へ進出した。実年齢にとらわれることなく上から下まで幅広い年齢の役柄が演じられるように、年齢は非公表とした。劇団員時代には引越業者、葬儀屋、パーティーコンパニオンなどさまざまなアルバイトを経験したが、女優業に専念するためにアルバイトは一切禁じられ生活費は事務所より借金して全て女優業で稼いで返済することを課せられたため、後に2014年のテレビドラマ『HERO』出演の直前に完済するまで事務所に借金があったという。

本格的な映像デビューのきっかけは2007年4月に川島なお美・下條アトムと共演した三人芝居『とんでもない女』。この舞台を見に来た監督の藤尾隆に見初められ、同年10月に始まった昼ドラ『愛の迷宮』(東海テレビ)に準レギュラー出演してドラマデビューを飾った。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

小雪が第三子妊娠!「今年の夏に新しい家族を迎えることになりました。」

小雪の第三子妊娠が明らかになったという。所属事務所のエイベックス・ヴァンガードによると、現在妊娠

記事を読む

ざわちんが天使すぎる橋本環奈風メイク披露【画像】

ものまねメイクで話題のタレントざわちんが自身のブログで、天使すぎるアイドルこと橋本環奈のものまね

記事を読む

ローラが結婚したい俳優を告白!

モデルのローラが俳優の渡辺謙との2ショットを投稿し、豪華さが反響を呼んでいるという。 自身

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑