宮沢りえが離婚成立を発表!


離婚協議を続けていた女優の宮沢りえ が報道各社にファクス送信した文書で離婚が成立したことを明らかにしたという。

宮沢は2009年2月、一部報道を受けて元プロサーファーの男性実業家と妊娠6か月のできちゃった婚を発表し、5月に女児を出産し12年5月に離婚情報が一部報道で伝わると、離婚に向けた話し合いをしていることを自らも明らかにしていたという。
夫婦に亀裂が生じた理由としては当時、ハワイで仕事をする機会が多かった夫とのすれ違いのほか、ドラマや舞台の出演が続き充実の一途をたどる女優業に宮沢の気持ちが傾いていることなどが取り沙汰された。

その離婚協議は難航したとみられ娘の親権をめぐって両者の溝が埋まらないとの情報も本紙は報じたが、双方に感情的なもつれが生じていた可能性もあった。

宮沢はファクスで「私たち夫婦は、幾度かの話し合いを重ね、この度離婚が成立いたしました。新たな気持ちで、役者として、母として、一人の人間としてこれからも前進していこうと思います」とコメントを発表したという。

宮沢りえプロフィール

miyazawar
宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日 – )は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。東京都練馬区出身。エムツー企画所属。女優として映画、舞台、テレビドラマなどに出演。身長168cm。日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフ。
11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして雑誌 『週刊セブンティーン』(当時)の表紙モデルとなった。1987年(昭和62年)、CM『三井のリハウス』の初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

同時期から活躍していたのは後藤久美子で、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。後藤久美子とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。

10代の頃には、17歳の時に『ふんどしカレンダー』や、18歳の時にはヘアヌード写真集『Santa Fe』などの奇抜な話題作り、そしてマネージャーを務めていた母親(通称・りえママ)の存在とで注目された。婚約や婚約解消、また男性との交際、さらに拒食症の噂など、芸能マスコミからのバッシング報道が相次ぎ、アメリカサンディエゴへの移住を発表するなど、一時期は芸能活動休止状態となった。

激痩せから回復して来たと見られる頃から、徐々に芸能活動を再開し、2002年(平成14年)の『たそがれ清兵衛』で落ち着いた演技を見せ、映画の成功以降は、女優としての活動の幅が広がり、本格派女優としての評価が定着しつつある。尊敬する岡本太郎が書き綴った「生きること、死ぬこと」「夫婦愛」などの詩を朗読する活動も行っている。柔らかなウィスパーボイスの持ち主で、ナレーション業も多く務めている。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

ラサール石井が東大受験に失敗!来年の再挑戦?!

東京大学受験に挑んでいたタレントのラサール石井が、力及ばず不合格に終っていたことがわかったという

記事を読む

なぜ丸高愛実はドラマに重宝されるのか?!

タレント、グラビアアイドル、DJなど様々な顔を持つ丸高愛実だがご存知のとおり、彼女は女優でもあり

記事を読む

浅田舞がネットニュースの取扱いに苦情!

プロフィギュアスケーターの浅田舞が浅田舞写真集「舞」の発売記念イベントに出席し記者に囲まれ、恋愛

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る






PAGE TOP ↑