萩本欽一が山本圭一復帰ライブに行ったという話は嘘?!

yamamoto
2006年に淫行騒動を起こし、活動を停止していた元極楽とんぼ・山本圭壱が復活ライブで行ったコントで、かつての恩師でタレントの萩本欽一が劇場を訪れたかのように語ったことについて、萩本の所属事務所の関係者は(萩本は)劇場に行ってないと明言したという。山本はコントで掃除のおじさんに扮し「今朝の9時に、山本と欽ちゃんが会ったんだってよー」「欽ちゃんが花持って来てた」などと話していたという。
関係者は「2人が会った事実はない。花も贈った事実もない。山本が(野球チームの)ゴールデンゴールズを離れてからは、接触はないと思いますよ」とした。 山本が萩本をネタにしたことについて「コメディアンですからね。問題はないと思いますよ」と心の広さを見せたという。
元お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱が東京・下北沢の駅前劇場で約8年半ぶりとなる復活ライブ「山本圭壱お笑いLIVE」を行い終演後、下北沢駅前は大混乱となったが、山本はほとんど何も語らなかったという。当時所属していた野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の遠征中に未成年淫行騒動を起こし、吉本興業をクビになった山本が久々に表舞台に姿を見せるとあって、劇場前には開演前から100人以上の報道陣が集結したという。
観覧した男性によると、山本は100人の観客の前で、浅田真央や羽生結弦などをモチーフにしたキャラを出すなど、計6本のネタを披露し「言っちゃっていいのかな。欽ちゃんが花を持って来てくれた。僕は見てないんですけどね」と本当なのかネタなのか、判別がつきにくい話もあったが今後は「いつかピンでやるのか、2人でやるのか、みんなでやるのか、2人でやるのか分からないけど、2回目をやるかは明日考えます」と話していたという。
観客が全員出た後、待ち構える報道陣の前に出てきた山本は、矢継ぎ早に飛び出した質問に答えず、「ちょっと、あの…周りの方に、あの…劇場の方からですね、あの…早めにというふうに言われていますので、ちょっとだけ前、開けてください。申し訳ないです」とだけ話して、目の前の下北沢駅に入っていったという。
山本は報道陣の前ではもちろん、ライブ中にも淫行事件を謝罪するような場面は一切なかったという。ある芸能プロ関係者は「淫行騒動に触れられることが、かなり嫌みたい。実はこれまで山本のもとには何度も告白本やざんげ本のオファーが届いているが、すべて本人の意思で断っている。そこに関しては徹底しているため、当分マスコミの前に出てくることはないだろう」。と語ったという。
今でも業界から山本に対する風当たりは厳しいらしく元所属事務所の吉本は、山本復帰にまったく乗り気ではない。テレビ局も「番組スポンサーが嫌がるから、どこも手を出しづらい」とのことだ。
加藤が司会を務める日本テレビ系の情報番組「スッキリ!!」内で山本の復活ライブについて触れた時も、同局内でちょっとした騒動に発展したという。


hagimoto
萩本欽一(はぎもと きんいち、1941年5月7日 – )は、日本のコメディアン、タレント、司会者、ラジオパーソナリティー、演出家である。日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズの初代監督でもある。
東京都台東区出身。浅井企画、佐藤企画(業務提携として所属)、萩本企画(個人事務所だが浅井企画の関連会社)所属。身長164cm、体重65kg。血液型はA型。駒込高等学校卒業。
2004年12月26日に、近年の野球人気の凋落を危ぶみ『野球はもっと楽しいスポーツ』だと、2005年度からの日本野球連盟加盟を目指し、関東を本拠(後に茨城県桜川村〔2005年3月22日に平成の大合併に伴い稲敷市になる〕を本拠地に制定)とした社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ(以下、茨城GG)」(愛称:欽ちゃん球団)を結成。
2006年、山本圭一の事件(後述)で解散発表するも一転しチーム存続。当初解散発言の際『山本氏に何か一言』と求められ、山本に対しカメラの前で『球団なくなっちゃったよ!』と厳しい発言をしていたが、解散を撤回した際には『背番号をとったユニフォームを着てお客さんのいない夜に普通の山本で遊びにおいでよ!』と温かい言葉を送った。
『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)のインタビューでは問題が解決したら、背番号0のボール拾いからやり直しさせる、と更生を兼ねてチームに復帰させることを示唆している。その一方で、チームの大幅なリストラを提示し、山本の復帰は無いと発言するなど、流動的である。山本が2007年1月に日向のキャンプに訪れた時に萩本に謝罪し、見学していたファンからは山本に対して『山本がんばれよ!』等の声が上がった。しかし、彼は山本を未だに許さない態度を示すコメントを述べた。

511b8328

山本圭一(やまもと けいいち、本名同じ、旧芸名:山本圭壱〔読み同じ〕、1968年2月23日 – )は、日本の東京都生まれ、広島県育ちの元お笑いタレント・俳優・野球選手。お笑いコンビ極楽とんぼの主にボケの担当をしていた。相方は加藤浩次。血液型O型。1989年、月謝の滞納が続き金銭的に苦しいと思っていた所、雑誌の切り抜きに“吉本興業、東京進出! 新規芸人募集!”の広告記事が目に付いた、これに飛び付き加藤とともに吉本興業入りし「極楽とんぼ」を結成。
 1994年に開場した銀座7丁目劇場の最古参メンバーとして『新しい波』、『とぶくすり』などの深夜バラエティに出演し、東京吉本の土台を作ったと評される。
 ロンブー淳を始め、銀座7丁目劇場出身者を中心に慕う芸人が多いのはこの理由といわれる。『新しい波』のディレクターだった片岡飛鳥(現・バラエティ制作センター企画担当部長、『めちゃ×2イケてるッ!』企画統括)に舞台で見出され、前記、めちゃイケの前身『とぶくすり』出演でブレイクした。2005年に萩本欽一が創設した社会人野球チーム・茨城ゴールデンゴールズの入団テストに外野手として受験し、合格・入団した。登録名は「やまもと 圭壱」。このGG入りは、草野球チーム日本一を目指す山本が使えそうな選手を自チームに引き抜くのが目的とも言われており、萩本は苦笑いしていた。入団当初はチーム唯一の女性選手である片岡安祐美(現・プレイングマネージャー)と並んで人気選手であった。 GG所属当時は、麻雀関係の深夜番組の収録を終えた際、すぐ徹夜明けで試合に駆けつけ、代打として出場し、ヒットを打った事もある。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

田原俊彦に植毛疑惑?!

爆笑問題の『爆報!THE フライデー』(TBS系)に出演している田原俊彦さんですが、その時の頭髪

記事を読む

GACKTが微妙な髪型を公開して波紋【画像】

歌手のGACKTがツイッター上に投稿した画像があまりに衝撃的でネット上で波紋を呼んでいるという。

記事を読む

韓国政府が美容整形に警鐘を鳴らすほどの事態

韓国政府が冊子を作成するまでに至った卒業前整形の流行は両親が娘の大学入学祝いや成績がいいごほうびに整

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑