4代目相棒の最有力に仲間由紀恵!及川光博に復帰説?!


成宮寛貴が相棒season13を3月で卒業することが発表され、早くもネットやファンの間で 4代目相棒に注目が集まっているという。
相棒は、かつて20%近い視聴率をたたき出し、現在も平均視聴率15%超を維持しているテレ朝の看板番組だが、最終的に”相棒”を決めるのは水谷豊だという。ある芸能関係者はこう話す。
「歴代“相棒”もプロデューサーが最後に水谷さんのOKをもらって決まりましたからね。ただ、正直、最近のマンネリ感は否めないですし、サプライズで初の“女性相棒”の誕生か、という声も出ているようです」
なかでも、最有力とされているのは、仲間由紀恵だという。仲間は警視庁から「内閣情報調査室」への出向を経て、警視庁広報課長に新任した子持ちキャリアという役で、シーズン13の初回と元日の2時間スペシャルの放送回に出演している。
及川は視聴者からの人気が高かったし、不仲といわれた水谷とも、今ではプライベートでは家族ぐるみの付き合いをしています。一方、速水は、本人がかねて相棒のファンで出演したいと希望している。テレビ朝日系で放送中の『DOCTORS最強の名医』で出演している沢村一樹と同じ事務所に所属している。そのつながりから”相棒”になる可能性はあるという。

成宮寛貴プロフィール

narimiyahiroki
成宮 寛貴(なりみや ひろき、1982年9月14日 – )は、日本の俳優。
東京都出身。トップコート所属。
2000年に舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』(宮本亜門演出)のケイン役で俳優デビューを果たす。この時は、「平宮博重」名義で出演していた。翌2001年に『溺れる魚』で映画デビュー、2002年にはJ-PHONE(当時、後のソフトバンクモバイル)のCMに出演するとともに、日本テレビにて放映された『ごくせん』に野田猛役として出演。
2003年のTBS『高校教師』に出演。同年に封切られた映画『あずみ』以降、テレビでの活動と並行しつつ、映画俳優としての活動を継続していく。
2005年には第29回エランドール賞新人賞を受賞、またスワロフスキーの主催による「CRYSTALLIZED STYLE AWARD」を、「クリスタルのごとく洗練された輝きと創造性を有するセレブリティ」としてhitomiとともに受賞。同年9月には女性誌『anan』でオールヌードを披露。

2006年に封切られた映画『アキハバラ@DEEP』では、主役にあたる「ページ」という名の役を演じた[3]。アメリカ・ドラマ『スーパーナチュラル』の吹替をセカンドシーズンまでで降板。
2007年には、ニューカレドニア観光親善大使に就任した。
2009年9月18日、ハローキティとのコラボレーションのジュエリーを発表。
2010年、TBS系連続ドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』主人公の高校2年生・品川大地役を27歳にして演じる。同作品は成宮にとっては初の地上波連続ドラマ単独主演作であり、ドラマ放送期間中は「品川大地オフィシャルブログ」(既に閉鎖)なるブログも更新された。
2011年3月21日放送の『風の少年〜尾崎豊 永遠の伝説〜』(テレビ東京)では尾崎豊を演じ、ドラマ内での尾崎の曲を全て自身で歌った。
2012年、『相棒』のseason11 第1話から3代目相棒・甲斐享役で出演。2015年3月の『相棒』season13最終回スペシャルを以って降板する予定。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

韓国で整形手術を受けた50代の中国人女性が脳死状態!

韓国・ソウルにある整形外科病院で整形手術を受けた50代の中国人女性は突然心停止の状態になり、サムスン

記事を読む

本木雅弘、西川美和監督『永い言い訳』に主演! 深津絵里と21年ぶり共演!

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、第153回直木三十五賞の候補作と

記事を読む

「あさが来た」最終場面の解釈が波紋!

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」が今世紀の朝ドラ最高視聴率を記録したことを受け制作した大

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑