イエローキャブが破産!小池栄子は独立!

 

 


一世を風靡した巨乳軍団の芸能プロダクションが、ついに消滅するという。全盛期には巨乳タレントを多数擁し、グラビアだけではなくバラエティー界も席巻したイエローキャブが、今月をもって事業をたたんでしまうという。
以前から経営危機がささやかれていたイエローキャブが、ついに芸能界から退場し芸能プロ関係者は「すでに2月上旬に業務活動停止措置を済ませたと聞いている。今月をもって事務所をたたむことになりそうだ」と明かしたという。

二枚看板だった小池栄子は独立するという。結婚・妊娠が判明したばかりの佐藤江梨子は今月から芸能プロダクション「ノックアウト」の所属タレントとなったらしい。
イエローキャブの象徴であった野田義治氏は「つい最近、関係者を通じて会社をたたむことを聞いた。ただただ残念。寂しいね。もう少し頑張っても…という気持ちはあるけど、いまは残念という言葉に尽きますね」と述べたという。
イエローキャブは1980年に映画界の巨匠・黒澤明監督の長男、久雄氏が立ち上げた「黒澤プロモーション」が前身で88年、野田氏が社長に就任し、社名を「イエローキャブ」に変更すると、黒澤プロ時代からのタレント故堀江しのぶさんに始まり、かとうれいこ、細川ふみえや雛形あきこら巨乳タレントを次々輩出。
04年に経営トラブルから野田氏が社長を辞任しイエローキャブと野田氏率いるサンズに分裂。

イエローキャブ

1983年(昭和58年)、野田が自ら運営に携わったクラリオンガールコンテストから、堀江しのぶを発掘する。堀江はグラビアページやテレビ番組のアシスタント、テレビドラマ出演などで成功するが、事務所自体は苦しい経営が続く。更に堀江は人気絶頂の1988年(昭和63年)に23歳の若さで病死し、事務所は大黒柱を失ってしまう。この年に現在の社名に変更し、野田が社長に就任する。

野田は堀江に続いてかとうれいこを発掘。1989年(平成元年)に第16代クラリオンガールに選ばれたかとうはグラビアで人気爆発、多くの雑誌の表紙や巻頭カラーを飾る。数年にわたり、高価な写真集の新作がまるで雑誌のごとく毎月のように本屋に並べられ売れ続けるという「写真集クイーン」となり、大成功をおさめた。その利益がイエローキャブの経営の基礎を作り、TV局に強いコネを持つ大手プロダクションの隙間を狙ってバストの豊かな女性を雑誌のグラビアで顔や名前を売る戦略を軌道に乗せた。その後も細川ふみえや雛形あきこらがテレビで人気者となっていった。また別会社として有限会社サンズ(後のサンズエンタテイメント)も設立したが、一方で野田のワンマン経営から資金繰りが悪化し、東洋コンツェルングループの傘下となる。しかし、現在は資本及び人的関係はない。

多くの所属タレントがTVで活躍するようになっていた2004年(平成16年)末、経営上のトラブルで野田が社長を辞任し、会社を去った。野田が進めた多角経営が軌道に乗らなかった上に、野田が親会社に無断で所属タレントに株を交付したことで裁判沙汰に発展。その結果、取締役会で野田を代表取締役から解任する決議が了承された。
佐藤江梨子、根本はるみらは留まり、小池栄子がサンズエンタテインメントから移籍したが、雛形あきこ、MEGUMIを筆頭に、所属タレントの大半が野田に追随し、野田が社長を務めるサンズエンタテインメント(サンズから社名変更)へと移籍したことで、イエローキャブの所属タレント数は大幅に減少し、規模も縮小した。
ただ、有力タレントである小池、佐藤、根本が残留したこと、また野田が社長時代に培った「イエローキャブ」の名称が持つブランドバリューもあり、現在も大手芸能事務所としての体を保っている。現在は、野田が社長を務めた頃のグラビアアイドル路線ではなく女優などを所属させるようになってきている。
サンズエンタテインメントはイエローキャブの子会社ではなく、資本及び人的関係はない。

野田氏が去ったあと、一時的に佐藤紳司が社長となるが、その後、帯刀孝則が代表取締役社長となる。しかしながら2012年6月28日未明、帯刀が事務所で倒れているとの通報が入り、翌日29日にはニュース報道などによって公表された。死因は不明。この後の社長職就任者は現在非公表であり、いまだに確認されていないが、長らく役員を務めてきた取締役である松山弘志(五木ひろしの兄)が実質的な経営権を握っていることが明らかにされている。

2013年3月にグループ会社として「株式会社イエローキャブプラス」を設立し代表取締役に岡村信善が就任する。当該事務所では、イエローキャブ本体にて長く途絶えていたグラビアアイドル路線を復活させている。

2014年に入り、経営危機及び小池・佐藤の新事務所移籍の旨のゴシップ報道が流れる。イエローキャブ側は当該報道についてのコメントは一切なかったが、4月に入り、京都のIT企業が立ち上げた新会社「ドリームキャブ」およびイエローキャブより、業務提携のアナウンスが両社のHPに掲載された。内容は「ドリームキャブがイエローキャブの芸能マネジメント業務を受託する」というものである。これにより、事実上イエローキャブの業務はドリームキャブに移行し、京都のIT企業が関連会社で行っていたアーティストのマネージメントと統合して再スタートすることとなった。なお、今回の業務提携にあたって、グループ会社のイエローキャブプラスは対象外となっており、法人としてのイエローキャブは存続している。
2015年2月13日に帝国データバンクによる大型倒産速報で自己破産申請に入ることが報道された。それによると、1月末で小池・佐藤が契約満了となった事から事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備を始めているという。負債は約4億円にのぼる。

小池栄子プロフィール

koikeeiko
小池 栄子(こいけ えいこ、1980年(昭和55年)11月20日 – )は、日本の女優、タレント、元グラビアアイドル。本名、坂田 栄子(さかた えいこ)旧姓、小池。
東京都世田谷区下北沢出身。イエローキャブ所属。
巨乳グラドルの中ではカリスマ的存在で、同様にグラビアで人気を集めていた乙葉、熊田曜子、MEGUMI、磯山さやからも彼女が近くに来ると必ず丁寧な挨拶をしていると言う。特にMEGUMIは小池の友人であるが、グラビアでは小池を先輩として敬意を払っている。
夫はプロレスラーの坂田亘。イエローキャブの系列会社であったサンズ(のちのサンズエンタテインメント)に所属していたが、2004年11月に両社の社長であった野田義治がイエローキャブを辞任したことをきっかけとして、親会社のイエローキャブへと移籍した。
2000年夏、関西テレビ深夜のアイドル番組「BAT.corp」にテコ入れ要員として期間限定出演。番組企画のひとつとしてスパワールド「スパプー」CMにフロントメンバーとして出演した。ワンナイのコント「ごくせん」のパロディ「Sせん」において女王様キャラを演じていたほか、『堂本剛の正直しんどい』で躊躇なくアンガールズの田中卓志をビンタする姿から「実際にSなのでは?」と言われていた(『めちゃ²イケてるッ!』でも同じようなことを言われていた)。しかしながら、『ロンドンハーツ』の「格付けしあう女たち」コーナーに出演した時は「私は極上のM」と発言している。それを裏付けるかのように『踊る!さんま御殿!!』では「彼氏にはお前と呼ばれたい。(彼氏の)所有物になったような気がしてすごくいい」とも発言している。

2003年サザンオールスターズ復帰第一弾のシングル『涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜』のPVに出演。桑田佳祐が是非出演して欲しいと依頼したことで実現。テレビCMでも小池の水着姿がクローズアップされ「大きなオッパイ」と桑田が発言している。なお、小池は前年、2002年の「別冊カドカワ 独占!桑田佳祐」に「サザンのPVに出るのが夢」とメッセージを寄せていたが、それを受けての出演かどうかは定かではない。25周年野外ライブツアー『流石(SASが)だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS! 〜カーニバル出るバニーか!?〜』の最終公演では、「小池、乳首みせろ!!」と桑田恒例のセクハラ発言が出た(なお、小池本人は観客席におり、その発言を聞いて喜んでいたという)。

2007年6月25日に行われた小池出演のドラマ製作発表記者会見上で、フジテレビアナウンサーの中村仁美に「バラドル」と言われた際には怒りを露にし、そのため「会見中は終始、中村と険悪なムードが漂っていた」と報じられた。しかし『はねるのトびら』にゲスト出演した際、キングコングの西野亮廣にその話を触れられると「あれ、キレてなかったんだけどね〜」とこの報道を否定した。
左利き。視力は2.0以上と言われるほど、非常に良い。かなり音域が狭く声がひっくり返りやすいため、歌うことに強い苦手意識を持っている。

佐藤江梨子プロフィール

satoeri2
佐藤 江梨子(さとう えりこ、1981年12月19日 – )は、日本の女優、タレント、モデル、元グラビアアイドルである。結婚前の本名、佐藤 榮利子(読み同じ)。愛称は、サトエリ。東京都江東区出身。ノックアウト所属。
姉は劇団新生ふるさときゃらばん所属の舞台女優佐藤水香(さとうすいか: 本名さとうみか)。弟もいる。母親は栄養士。
高校時代に、毎日新聞主催の全国学生美術コンクールに「線の構成」という作品(鉄屑と木材と針金を使用、それらを黒い箱に突き刺したオブジェ)を出展し、入賞したことがある。
バレエをやっていたため身体が柔らかく、210度まで開脚出来ることが特技。
雑誌『FRaU』2003年(平成15年)6月24日号とその年の「たかの友梨ビューティクリニック」のCMではセミヌード写真を披露したが、実際にはCGで作られた物である。本人はヌードになることは拒否しており「脱ぐ位なら芸能界は辞める」などと発言している。
趣味の一つは詩や小説を書くことで、著書『気遣い喫茶』(扶桑社)としてまとめられた。また、『週刊プレイボーイ』誌で書評の連載を持っていたことがある。
サトエリのホムピー」という自身の公式サイト・ブログを持っていたが、2005年(平成17年)末に終了。その後ブログは「SATOERI TIMES」と名を変えて復活した。
TVでのコメントによると、恋愛に関しては、「ドM」であり、彼氏からは「お前!」と呼ばれたい、とのこと。
佐藤江梨子の関連サイト

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

柏木由紀がAKB卒業観測広まる!熱愛騒動でファン離れ深刻?!

AKB48 41stシングル選抜総選挙が福岡ヤフオク!ドームで行われ、一昨年の1位から昨年2位へ

記事を読む

3大派閥が繰り広げる有村架純の夜の争奪戦!

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で一気にブレークした女優、有村架純だがいまや映画、ドラマ、CM

記事を読む

あさが来た好調の理由は?姉妹Wヒロインである波瑠と宮崎あおいが人気!

モデルで女優の波瑠さんが主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」の視聴率が自己最高とな

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑