山田孝之の幻の主演問題作が復活!


俳優の山田孝之が4月28日深夜スタートのドラマ『REPLAY&DESTROY』で主演を務めるという。
同作は男3人のシェアハウスを舞台に、映画監督を目指す日本一偉そうなフリーター・横山要(山田)とその仲間たちが、周囲で起こる気になる出来事や、悩める他人に無理やり関わっていき「屁理屈と無駄話によって何かが変わる瞬間」に立ち会ってゆく世直し哲学チープストーリーで2011年に携帯電話のサービス動画から生まれ、携帯のみ視聴可能にも関わらず大きな話題を呼んだ問題作が、テレビシリーズとなって復活するという。

屁理屈、ウンチク、無駄話…怒濤のしゃべくりで人を自分のペースに引き込んでは、時として“生きる哲学”を繰り出すユニークなキャラクターを、役に強いこだわりを持つ山田が熱演し「世界のどこへ行ったって、訪れる出来事や会話を交わす人々は半径5m以内にある。つまりこの『半径5mの哲学』とは、狭いようで地球そのものがスッポリ入ってしまう程の重要な領域だ。横山要が居る場所は、常に彼のチープな哲学に支配されてしまいカオスと化す。しかし、その場所は何故だかとても心地良い。そんな心地良い場を作る為に冗談の分かる『前進できる大人達』が集まった。ヤバくなったらみんなで逃げる!」とコメントを寄せているという。
山田の共演者にも強力なキャストが揃ったという。主人公のルームメイトで、偏差値70の薬学科大学院生役には林遣都、宅配会社勤務で背筋力280kgの筋肉男役には阿部進之介、3人の部屋に出入りするハーフの女子高生役には小林涼子と、前作での仲間たちが再集結。そこに、横山の同級生で区役所職員役の中村倫也が加わり、圧倒的なチーム連携でネタ満載の素早いセリフの掛け合いやこの作品ならではの空気感を創り出すという。

監督・脚本を務めるのはテレビ・映画「荒川アンダー ザ ブリッジ」や映画「大人ドロップ」などを手掛けた、破天荒クリエイター・飯塚健氏でそして実は企画の成り立ちにも山田が関与しているという。携帯ドラマ版は、当時話題となりながらもビデオソフトとして発売されることがなく、ファンの間ではカルト的人気を博した幻の作品として語り継がれていた。飯塚監督と山田が“発起人”となってスタッフ・キャストをどんどん巻き込み制作をスタートさせ、テレビ局に提案し放送にこぎつけたという。

山田孝之プロフィール

yamadatakayuki
山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 – )は、日本の俳優。鹿児島県出身[2]。スターダストプロモーション所属[2]。
2007年秋に公開された映画『クローズZERO』からワイルドな役を演じるようになり、 『イキガミ』『クローズZERO II』『BOSS』などでは長髪と無精髭でそれまでとは違った一面を見せた。なお『クローズZERO』では第50回 (2007年度) ブルーリボン賞助演男優賞に20代でただ一人ノミネートされた。

2010年8月5日、都内のホテルで行なわれた映画『GANTZ』の製作報告会見において出演の経緯を明かした。別の映画を撮影中の山田が隣で行なわれていた『GANTZ』の衣装合わせの場にやって来て「うわぁ〜、GANTZだ〜、いいなぁ〜」と言ったところ佐藤貴博プロデューサーから「じゃぁ、出てくださいよ〜」と言われたことで出演が決まった。同年9月、映画『十三人の刺客』がコンペティション部門に出品された第67回ヴェネツィア国際映画祭に三池崇史監督、役所広司らと参加した。
2010年10月28日付米エンタテイメント情報誌『ハリウッド・リポーター』において「世界の注目俳優10人」の1人として紹介された(日本人では山田のみ)。
2011年、ニューヨーク・アジア映画祭 (New York Asian Film Festival) において「スター・アジア・ライジング・スター賞(Star Asia Rising Star Award)」を日本人として初めて受賞した。
2012年、第34回(2012年度)ヨコハマ映画祭助演男優賞受賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)。

第17回(2012年度)日本インターネット映画大賞日本映画部門助演男優賞受賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)。
第67回(2012年度)日本放送映画藝術大賞映画部門最優秀助演男優賞受賞(『その夜の侍』)。
2014年1月31日から2月16日まで東京国際フォーラムで上演予定のミュージカル『フル・モンティ』(演出:福田雄一)で主演し、初舞台を踏む。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

西内まりやがMステ初出演!

女性アイドルグループの私立恵比寿中学とモデル、女優、アーティストとマルチに活躍する西内まりやがミ

記事を読む

仁科亜季子が3度目のがんで大腸手術!38歳で子宮頸がん、46歳で胃がん!

女優の仁科亜季子が読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、昨秋に大腸がんの手術を受け、約20

記事を読む

整形失敗した七瀬リナさん?!

最新の七瀬リナの画像   昔の七瀬リナの画像 昔より痩せた感じがしますが失敗では

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑