まゆゆ(渡辺麻友)と稲森いずみが連ドラでW主演!


AKB48・渡辺麻友が、フジテレビ系の連続ドラマ「戦う!書店ガール」で女優・稲森いずみとW主演を務めるという。書店を舞台に女のガチンコバトルを熱演するらしく渡辺にとっては2作目の連ドラ主演で、深夜枠以外のドラマ出演は初。ゴールデン・プライム帯進出で女優開眼を宣言したという。

国民的アイドルグループの王道エースが、女の戦いに殴り込む。原作は、シリーズ化されている碧野圭氏の人気小説「書店ガール」で脚本の渡辺千穂氏はドラマ「ファースト・クラス」「名前をなくした女神」を手掛けており、女性が争う描写には定評。
渡辺が演じるのはコネ入社のワガママ店員・北村亜紀で、稲森はたたき上げの苦労人副店長・西岡理子で性格はもちろん、仕事や恋に対する考え方も異なる犬猿の仲の2人が、閉店の危機に陥った老舗書店を救うために互いのプライドをぶつけ合うという。
渡辺にとって「戦う!書店ガール」は、「さばドル」以来3年ぶりの主演ドラマとなり「マジすか学園」「セーラーゾンビ」などでもドラマ出演しているが、いずれも放送時間帯は深夜で、AKB総合プロデューサーの秋元康氏が携わる48グループ関連作品だったがゴールデン・プライム帯へ女優としての初進出に、今作はノータッチの秋元氏からは「頑張りなさい」と激励されたという。

渡辺麻友プロフィール

watanabemayu2
渡辺 麻友(わたなべ まゆ、1994年3月26日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームBのメンバーである。
埼玉県出身。プロダクション尾木所属。
三姉妹の末っ子(三女)である。名前の「麻友」は祖母が名付けたもので「麻の木のようにスクスク育ち、友達をたくさん作る子になってほしい」という願いに由来する。また、母親のことは「ムッティ」と表現する。小学6年生の時に『銀魂』の猿飛あやめを意識して買ったという赤いフレームの眼鏡を持っている。自分の部屋はアニメグッズで溢れているため、リビングルームで就寝している。

好きな飲み物は、日清ヨークの乳酸菌飲料「ピルクル」である。好きな食べ物はキノコ(ハウス食品から『まゆゆ大好き きのこづくしカレー』を発売したほど)。体育は全般的に苦手と発言していたが、2012年以降は、「1年で100個の苦手克服」を目標とし、水泳ではプールで5メートル泳げるようになり、トラック走やバスケットボールにも初挑戦した。苦手だった野菜も、蒸したキャベツやニンジンならば食べられるようになった。

視力が悪く、コンタクトレンズを使用している。コンタクトレンズを入れない時は眼鏡を着用する。
自身のブログでは「やびゃあ」(一般的に使われる「ヤバい」、いう単語を使用することがある。

イラストが得意で、子供の頃から漫画家を目指していた。『週刊ヤングジャンプ』2010年9月9日発売41号に「2次元しか愛せない」を掲載して、漫画家デビューを果たした。また、『有吉AKB共和国』のマスコットキャラクターの作成者でもある。
自他共に認めるアキバ系で、アニメや特撮番組を好む。アニメは、主に深夜アニメを録画して観ており、特に『Axis powers ヘタリア』、『デュラララ!!』、『黒執事』を好む。登場人物では『ヘタリア』の「フランシスお兄ちゃん(フランス)」が好きである。また、特撮ではスーパー戦隊シリーズの『炎神戦隊ゴーオンジャー』の逢沢りな演じる楼山早輝/ゴーオンイエローを好み、コスプレもしている。しかし、2012年時点では自身の活動が忙しくなりアニメを視聴する時間も少なくなってきたことから、自らアニメの話題を取り上げるのを控えるようになっている。また、男装喫茶に通ったり、番組で男装を披露したりと、男装にも興味がある。
小学校3年生の頃に、池袋サンシャインシティで開催された『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』のイベントにおいて、南楓役の中原麻衣と握手した経験がある。

稲森いずみプロフィール

inamori
稲森 いずみ(いなもり いずみ、1972年3月19日 – )は、日本の女優。本名、稲森 泉(読み同じ)。
鹿児島県出身。バーニングプロダクション所属。身長169cm。スリーサイズは、B84 W58 H87。靴のサイズは25cm。
1972年(昭和47年)、鹿児島県日置郡伊集院町(現在の日置市)生まれ。鹿児島市南林寺町育ち。鹿児島市立天保山中学校を経て、鹿児島高等学校卒業。
高校卒業後の1991年(平成3年)5月、叔母の勧めでテキサス大学アーリントン校(ESL)に語学留学した。1年半後の翌年10月、両親に呼び戻されて日本に帰国したが、同時に、「モデルをやりたい」という自らの意思で東京の大手モデルプロダクション、エリートフォリオと契約した。その後、地元の鹿児島で本格的にモデル活動を開始。

1990年3月(平成2年)、日本テレビの『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』でバラエティー番組に初出演。
1994年(平成6年)、前事務所「エリートフォリオ」より2年あまりの契約でバーニングプロダクションへ移籍。『上を向いて歩こう!』で念願の女優デビュー・連続ドラマ初出演を果たし、注目される。デビュー作以後、多くの雑誌のインタビューを受け、フジテレビビジュアルクイーンに輝き、『Fiction』では水着姿を披露した。
1998年(平成10年)、『ハッピーマニア』で地上波ドラマ初主演。
2003年、プロ野球選手・佐々木主浩と共に、ベストフォーマリストを受賞。『法王庁の避妊法』、『またも辞めたか亭主殿』、『年下の男』、『ブルーもしくはブルー』など、舞台やドラマの多方面で幅広く活躍した。
2005年(平成17年)、大河ドラマ『義経』へ出演。4月から、『曲がり角の彼女』(フジテレビ主演は『ハッピーマニア』以来7年ぶり)、年末には、『河井継之助 駆け抜けた蒼竜』にも出演。また、藤原紀香との合同写真が台湾選挙で無断使用され、波紋を広げた。

2007年(平成19年)1月2日、テレビ東京系列の新春ワイド時代劇『忠臣蔵 瑤泉院の陰謀』に時代劇初主演。1月14日からTBS系の『華麗なる一族』に出演。同上の2作品は「国際ドラマフェスティバル in Tokyo 2007」に出展された。
2008年(平成20年)、大河ドラマ「篤姫」で大奥総取締役の滝山を演じ、「TVnavi 2008年10月期ドラマ 助演女優賞」で第四位に選ばれた。

2009年(平成21年)、女優デビュー15周年。「アイシテル〜海容〜」で罪を犯してしまった10歳の少年の母を演じた。放送直後から賛否両論を巻き起こす作品となったが、「世界に見せたい番組」(東京ドラマアウォード」)で作品グランプリ賞を獲得。さらに、カンヌで開かれた世界最大級の国際コンテスト「MIPCOM BUYER AWARD for Japanese Drama」にも選ばれた。(ストーリー、アクター、音楽のカテゴリーにおいて高い評価を受けたため)。この年は他に『THE CODE/暗号』や『蛮幽鬼』にも出演し、活躍の場を大きく広げる。
2010年(平成22年)、「怪物くん」で悪魔族の幹部・デモリーナを演じ、「ザ・テレビジョン 助演女優賞 第一位」に選ばれる。10月からは4年ぶりに「医龍-Team Medical Dragon-3」に加藤晶の役で再登場している。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

青木崇高と優香が結婚!交際半年のスピード婚へ

 女優の優香と俳優の青木崇高が結婚するという。所属事務所を通じて連名で正式に発表し今年に入って交

記事を読む

失敗しない美容整形手術の受け方

美容整形手術成功のポイント 美意識は人それぞれで美容整形手術は、患者と医師という人と人が関わる治療

記事を読む

乙武氏と複数回合コンした女性が暴露「途中からはエッチな会話ばかり」

 週刊新潮の不倫報道に対し夫人の仁美さんと謝罪文を出した作家、乙武洋匡氏について、ノンストップ!

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑