紗理奈が高橋大輔とのデート報道を否定!!


タレント・鈴木紗理奈が木曜レギュラーを務める関西テレビ「ハピくるっ!」に出演し一部週刊誌で報じられたフィギュアスケーター・高橋大輔との食事デートについて、共通の知り合いを介して実現した食事会で、「デートではないです」と否定したという。
高橋は中2から紗理奈の大ファンで12年6月に放送されたフジテレビ系「5LDK」に出演した際、サプライズで紗理奈と初対面。顔を真っ赤にして大照れしていた。
紗理奈によると、食事をしたのは2人がたまたま大阪で仕事だったことから天満のイタリアンレストランの個室で、テレビ局の知り合いを交えて「4人で」食事をしたという。
紗理奈は「(ご飯に)行きましたけど、デートではないです。4人で、スタッフの方もいた」と説明し「こういう書き方、高橋君に迷惑かかるから」と話し、「みんなで行った、楽しいご飯会。デート的な要素もない」と訴えたらしい。

日本スケート連盟会長・橋本聖子氏とのキス強要報道に触れ、「おかしいでしょ、私、キスも強要してないのに、こんな記事になって。それやったらキスしといたらよかった。損したわ、ホンマですよ」と笑いをとっていたという。
MCのますだおかだ・増田英彦から「何か言い残したことは?」と聞かれ、「高橋君、ごめんなさい!」と謝罪していたという。

紗理奈プロフィール

sarina
鈴木 紗理奈(すずき さりな、1977年7月13日 – )は、日本の女優・タレント・歌手である。本名、宗廣 華奈子(むねひろ かなこ)。
大阪府摂津市出身。所属事務所はオスカープロモーション(1992年 – )⇒アーティストハウス・ピラミッド(1994年 – )。大阪成蹊女子高等学校入学後、日出女子学園高等学校へ転校・中退。
2003年より、MUNEHIRO名義でレゲエシンガーソングライターとしての活動も行う。同名義では2007年、Far Eastern Tribe Recordsよりメジャーデビュー。
父親は土木建設業を経営し、兄弟は兄が3人。子供の頃は、男兄弟の中で育ったことからかなり活発だった。

芸能界デビュー前の大阪時代に本名でモデル活動をしていた一時期、当時若手芸人だったたむらけんじと付き合っていた。
1994年芸能界デビュー。グラビアなどで活躍する一方で、歌手としても全国の大学の学園祭のイベントに出演し人気を集めた。以後、テレビのバラエティ番組やドラマ、映画、CMなどでも活躍。

飯島愛ととても親しく、「愛姐さん」と呼びとても慕っていた。バラエティーでの共演も多かったが、プライベートでは「もっともっと魅力的な人やった」など、ブログやTwitterなどで度々思い出話を語っている。
両足を水平に180度開脚ことができるほど身体も柔らかい。『Limited』のジャケット写真も開脚ポーズのものである。
2006年末から時折アフロヘアーにしている。

レゲエのクラブで友達の紹介でTELA-C(INFINITY16)と出会い、5年間の交際を経て2008年12月に結婚。自身のブログと12月6日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』で公表した。2009年9月16日に妊娠している事を公表し、同年11月15日に明治神宮にて挙式。2010年2月23日、第1子となる男児を出産したことを公表し、同年5月1日の放送で『めちゃ×2イケてるッ!』のレギュラーメンバーに復帰した。
2013年に離婚し、明石家サンタで商品を獲得した。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

人が美容整形をする理由とは

古代インド、ローマ時代にも記録が残っているほど、整形手術は古くから行れ、長期間にわたって整形手術に対

記事を読む

元グラドルの小阪由佳が保育園を開園?!

2004年にアイドルの登竜門「ミスヤングマガジン」でグランプリを獲得し人気絶頂期は、雑誌グラビア

記事を読む

戸田恵梨香が激やせで心配の声!リスクの神様も打ち切り危機?!

堤真一主演の連続ドラマ『リスクの神様』のファン感謝イベントが行われヒロイン役の戸田恵梨香とともに

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る






PAGE TOP ↑