ドイツも規制に乗り出した美容整形

ドイツ政府が、青少年の美容整形手術を法的に禁止する方針18歳未満の未成年者について、治療目的以外での美容整形手術を禁じる法律を制定したという。ドイツキリスト教民主同盟の報道官であるJens Spahnは「間違った整形ブームによる結果から若者を守ることも青少年保護である」と語り世界整形学界の2010年の調査によると、ドイツで美容整形手術を受けた人は人口1000人当たり約5人整形手術の技量と安全性の向上により、施術件数は近年うなぎ登りで、世界各国に広がっている国によって、悩む部位もそれぞれらしい。美容整形の施術内容から、その国のコンプレックスが見えてきます日本では江戸時代に広がった儒教思想で「親から貰った体を傷付けるのは親不孝者」という考えが浸透生まれもっての体を傷つける、ということに大きな抵抗を感じる人が多く、自分の容姿にコンプレックスがあっても、美容整形に踏み切る、ということはなかなか難しいこと容整形治療がより身近なものになり、手軽に受けられるという傾向が拡大しつつある現代、こうした抵抗感も自然なかたちで減少しつつあるという。
世界保険機構(WHO)の報告による人口統計を用いて計算をすると、韓国は人口1000人当たり13.4件韓国における19歳から49歳までの女性だけを見ると、整形施術率は20パーセントにも及ぶ一般に韓国では、容姿が良くないと進学や就職に不利と考える傾向が強く、親が子供に美容整形を勧めることも珍しくない女子中学生が、学業成績のご褒美として、親にお金を出してもらって美容整形するケースが増えているという。国際美容外科学会の調査によると、ギリシャで行われた整形手術の回数は約14万回でイタリア男性が一番望むのは腹部のサイズダウンのための施術である植毛や顔のしわ取り整形で実年齢よりも若く見える。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

「王様のブランチ」本仮屋ユイカが9月いっぱいで降板 !5代目女性司会者は新川優愛!

王様のブランチが今秋、大きく様変わるという。2012年4月に優香の後を継いで4代目女性司会者とな

記事を読む

小泉今日子「小説書いてみたい」唯一無二の書評97本分を単行本化!

女優の小泉今日子が神奈川近代文学館で著書「小泉今日子書評集」の刊行記念トークショーを行ったという

記事を読む

メスを使わない美容整形

ジュネスグローバルの商品開発アドバイザーの「Dr.ネーザン ニューマン」の開発した即効性のある若返り

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑