ほくろの除去方法【レーザー治療】

ほくろを除去したい場合、医療機関でほくろ除去の治療を受けることができるが、医療機関においては、切り取って縫い合わせる手術による方法や黒い色に反応するレーザーを使用した方法、電気メスやCO2レーザーによって削る方法など、様々な治療方法がありこれらの治療法は、それぞれどのような方法で行われメリットやデメリットがある。

ほくろのレーザー治療

ほくろ除去方法の一つとして、黒い色に反応するレーザー治療があげられレーザー治療に用いる機器にはいくつかあり、レーザー自体にもいくつかの種類がある。

Qスイッチレーザー

メラニン色素のみに反応するレーザーで、母斑細胞がもつメラニン色素を破壊することによって、ほくろの色を薄くすることによりほくろを除去するレーザー。Qスイッチレーザーの中には、ルビーレーザー、YAGレーザー、アレキサンドライトレーザーがありルビーレーザーというのは、メラニンへの吸収性が高いことで知られている。
Qスイッチルレーザーは、主に平らなほくろに適応があり盛り上がりのあるほくろにも応用する場合には、別のコラムで説明するCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)などによる蒸散治療と組み合わせ、平らなほくろの場合にも、蒸散と組み合わせることによって、施術後は最小限の凹みで、早くほくろを消失させることができるという。

ロングパルスレーザー

YAGレーザーやアレキサンドライトレーザー、半導体レーザーがありQスイッチのようにピンポイントで短時間照射する方法に比べ、熱の広がりは大きくなりますが、高いパワーで限局的に使用することで同様の機序によりほくろの色を薄くすることが可能。Qスイッチレーザーと同様、通常は数回の照射でほくろの色は消えていくという。
ほくろのレーザー治療のメリット

ほくろ除去方法の中で、このレーザー治療は、傷が残らない可能性が極めて高い方法で傷を残さないという点が、レーザー治療のもっとも大きなメリット。
また、レーザーは色が濃いところに反応するため、色が濃ければ濃いほど痛みが強くなるという点もあるが、施術時だけの瞬間的な痛みであるために、表面麻酔も不要である場合がほとんどで痛みがあっても一瞬だけというのもメリット。

レーザー治療のデメリット

デメリットはというと、黒い色に反応するレーザーなので、肌色に近い薄い茶色のほくろには無効で一回のレーザー治療で完全にほくろが消えてなくなるというわけではない。通常は数回照射することが必要になってレーザーを照射する間隔は、1~3ヶ月開けるのが目安となっているため、治療完了までの時間がかかる。
もし根の深いほくろであった場合、薄く目立たなくはなりますが、完全に色素が消失しないこともあるという。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

no image

はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょーさんが、一連の女性スキャンダ

記事を読む

安倍なつみがメイク中に左目をけが!眼帯姿で登場!

元モーニング娘。の安倍なつみ が内で行われた吉野家新商品『ベジ丼』発表会に出席し左目に眼帯を付け

記事を読む

永作博美が台湾から届いた監督の手紙に涙!

映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』がに公開を迎え、主演の永作博美をはじめ、佐々木希

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る






PAGE TOP ↑