豊胸手術の後遺症

biyouseikei165
豊胸手術は、いずれもリスクや後遺症の可能性はあり個人差もある。必要なのはクチコミや評判、知人の紹介だけでなく、手術の内容やリスクについて医師から情報を得て、自ら判断することで施術前の十分なカウンセリングと、医師から正しい知識を得た上で双方による合意を行うインフォームドコンセントが大切だという。

人工乳腺法のリスク

人工乳腺法とは、豊胸バッグと呼ばれる人工乳腺を乳腺下や大胸筋下に挿入する豊胸手術で合併症として、手術後の出血が溜まる血腫のリスクもあり大きな血腫ができると、抜き出す処置が必要。また感染を起こす可能性もあるため、術後数日間は抗生物質を服用。

ダウンタイム

手術後3~4日はバストバンドで固定することが多く1週間くらいで抜糸をし手術から約2週間ほど痛み止めが必要。

後遺症

豊胸バッグは身体にとっては異物で外へ押し出せない代わりに、膜を作って防御しようとし必要以上に厚い膜が作られてバッグを締め付け、バストが堅くなったり、形がいびつになったりするという。
テクスチャータイプという、表面がザラザラしたバッグを使用することでカプセル拘縮のリスクを低下させることができる。

脂肪注入豊胸のリスクとダウンタイム

術後2週間内に痛みや赤み、腫れが出たら注意が必要で注入した脂肪細胞の一部が壊死するに伴い感染症を起こすことがあり回復期間は、約1週間かかる。
脂肪採取部位は通常皮下出血を起こし痛みを生じるが2週間ほどで吸収されるという。

後遺症

後遺症には脂肪壊死、しこり、石灰化などがありしこりは、注入した脂肪が壊死してしまうことで生じ脂肪を1か所へまとめて注入したり、多量に注入したりすることで引き起こされるのが原因。さらに被膜で覆われると石灰化が進み、より堅くなってしまい脂肪採取部位の表面がガタガタして滑らかさを失ってしまうこともあるという。

ヒアルロン酸注入豊胸のリスクと後遺症

ヒアルロン酸注入の場合、シリコンバッグや脂肪に比べて素材の感触が堅いため、想像以上に仕上がりが堅いと感じることが多く発熱や感染を起こすケースもあるという。
後遺症としては、ヒアルロン酸のまわりにできる被膜により、しこりや乳房の変形を引き起こすことがありヒアルロン酸を1か所にまとめて注入したり、分散して注入しても1つの塊が大きかったりすると、吸収しきれなかった分がしこりの原因となってしまうこともあるという。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

ユッキーナこと木下優樹菜が親友の佐々木希を絶賛!!

女優・佐々木希、タレントの木下優樹菜が映画『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~ 』スペシ

記事を読む

日本と韓国の整形の動機は?日本は普通になりたい、韓国はヒロインになりたい!

整形大国として知られる日韓両国は、これまでずっとこの分野におけるアジアの先駆者だったが中国はこの

記事を読む

韓国で整形するアジアからの観光客が急増

韓国で美容整形手術を受ける外国人観光客は2009年以来増え続け、2012年には4倍以上の1万5428

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑