韓国の美容整形事情の起源は高須院長?

美のスペシャリストである高須クリニック・高須克弥院長が韓国の美容整形事情の問題点と起源に迫る

美容整形が盛んな国といえば韓国だがミスコリアの候補者の顔がみんな同じ顔に見える、なんていうことが話題になったりもしるが同じような顔に整形しているということなんですが、それは韓国の美容整形の技術が画一的だからだという。現実問題として日本と韓国、どちらの美容整形の技術が高いのは日本のほうが高いに決まっているという。韓国に美容整形の技術を教えたのは日本で日本に勉強に来ていた韓国のお医者さんに美容整形の技術をいろいろ教えたがの高須院長だという。高須院長なくして、現在の韓国の美容整形はなかったということのようだが、技術的な面では韓国よりも日本のほうが優れている模様。いくら韓国が美容整形大国だといっても、実際に手術を受けるならやっぱり日本のほうが安心だ。

高須院長プロフィール

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。近著は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。

当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

関連記事

小雪が業界内に「コケたら大ごと」と波紋広がるワケ!

都内で新CMの発表会に出席した小雪だが7月に第3子となる男児を出産後初めて公の場に姿を現したが、

記事を読む

しわ取らないで写真加工にNO!私の真の姿を見て女性スターの訴えにファン共鳴!

欧米の女性スターの間で、ファッション誌などに掲載される写真を、画像加工・編集ソフトで「加工させな

記事を読む

山田孝之が「ずっと死にたいと思っていた」と苦悩を告白!

俳優の山田孝之が、オトナの!にゲスト出演し、過去に抱えていた悩みを語ったという。 先週の放

記事を読む


no image
はじめしゃちょー「二股疑惑」謝罪!木下ゆうかとは?!

 「浮気&二股交際疑惑」が浮上したYouTuberのはじめしゃちょ

広瀬アリスがイケメンプロスポーツ選手と交際!!

 女優・広瀬すずの姉で、女優の広瀬アリスの熱愛が「週刊文春」の取材

止まらない白石麻衣フィーバー!写真集が発売前に2度目の重版決定!

 2月7日の発売日の前に重版が決定した人気アイドルグループ・乃木坂

加藤紗里が高級タワーマンション「買ってもらいました、愛の巣として」

ダウンタウンDXは、「2016年お騒がせニュース」と題し、今年注目

no image
ピコ太郎に大物作曲家が苦言「腹立つ」「大嫌い!」

 「浪花のモーツァルト」こと作曲家のキダ・タロー氏が日本テレビ系「

→もっと見る

  • まだデータがありません。






PAGE TOP ↑